CD Review 海外

2020年08月09日 11:35

artblakeyjustcoolin 2020年7月17日発売、アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズの世界初登場となる発掘音源アルバム。未発表楽曲2曲を含む全6曲収録。

 2019年はアート・ブレイキー生誕100周年、そして今年2020年は同氏の没後30年。このタイミングで本作のリリースがアナウンスされたのは今年の3月。本来は4月24日に全世界での同時発売を予定していましたが、新型コロナウイルスによる影響と国際状況を鑑みてリリースを8月7日に延期。その後発売が前倒しになり、通常盤SHM-CD、LP盤は7月17日に、SA-CD盤は8月7日にそれぞれリリースという経緯を辿りました。本作のレビューはSHM-CD。なお印刷差し替えが間に合わなかったのか、ジャケットの発売表記が8月7日のままなのはご愛嬌。

 録音年月日は1958年3月8日。ブレイキーの録音史としては代表作「MOANIN'」の約半年後の録音で、演奏パーソネルはブレイキー(Ds)、リー・モーガン(Tp)、ボビー・ティモンズ(P)、ジミー・メリット(B)に、「MOANIN'」でのベニー・ゴルソンに代わってハンク・モブレー(Ts)が加わった五人編成。発売レーベルはかつてブレイキーが所属していた老舗のジャズ・レーベル、ブルーノート・レコーズ名義からで、全曲スタジオ録音、ブルーノートの公式レコーディング記録にも残っていた「未発表公式スタジオ録音盤」となっています。

 収録楽曲はバラードは1曲もなく、ミディアムテンポとアップテンポが半々ぐらい。ステレオ録音になっており二管はモーガンが左、モブレーが右に配置され、どの曲もモーガンの勢いのあるトランペットと、モブレーの朗々としたテナーサックスの競演にティモンズの転がるようなピアノが彩りを添えるのが基本的な楽曲進行で、ブレイキーはドラムソロをドカドカ披露するというよりも、各演奏者を鼓舞するような合いの手的なリフを入れる曲が多いのですが、未発表曲「JIMERICK」では長尺のソロも披露しており、このソロ直前の「来るぞ来るぞ〜」的なタメがベタながらとても良いです(笑)。
 ティモンズのピアノのラインを追いかけて聴くのが楽しいもう1曲の未発表曲「QUICK TRICK」は5分弱、他の曲もスタジオ録音ということもあり、ラストのタイトル曲「JUST COOLIN'」以外は6分半前後の曲で比較的コンパクト。熱いソロが繰り出されるライブ録音盤がメッセンジャーズの醍醐味であり、それに比べると(彼らにしては)随分スマートに演奏してるな、という印象なのですが、収録時間約40分、1曲ごとの適度な長さもあってちょうど集中して聴ける演奏時間なので、繰り返し聴いても飽きないような耐久度を持ったアルバムと呼べるでしょう。

 今回のリリースにあたってはクレジットにマスタリングエンジニアとしてバーニー・グランドマンの名前が明記され、音質は今から約60年以上前のマスターを現代においても特に違和感なく聴かせる仕上がり。2020年の今日に至るまでなぜ陽の目を見なかったのか、というのは録音約一ヶ月後のライブで本作の収録曲の大半を演奏した音源が、後に2枚のアルバムとして発売されたから…という当時の状況があったようで。それを差し引いてもここまで眠らせておくには惜しい完成度の作品であり、ジャズ・メッセンジャーズ愛好家には必聴の1枚ではないでしょうか。

2017年10月01日 13:03

BILLYAIR 久々の洋楽盤レビュー。2017年9月6日発売、最新デジタルリマスタリング仕様のビリー・ジョエルのブロードキャスティングライブ・コンピレーション盤。全10曲収録。帯には同年8月30日発売と表記がありますが、一週間の発売延期になったようです。

 日本ではSONYレーベルに所属のビリー・ジョエル、今回はインディーズメーカーからのリリースとなっていますがブートレグの類ではなく、半公式商品の模様。本作は1975年から1989年までのプロモーションを兼ねて出演したテレビ番組でのスタジオライブや、ドイツでのライブ公演からの楽曲を抜粋した、いわゆる「蔵出しライブ音源集」。同封ライナーノーツによると、元々は2005年の「Live On Air」という日本国内未発売DVDの音源らしく、今回その映像作品がリマスターされて再発されるのに伴い、世界初CD化された、とのことです。

 収録曲は「Just The Way You Are」「Only The Good Die Young」「We Didn't Start The Fire」などをそこそこに、他はライブでの定番レパートリーで構成。「She's Got A Way」の収録アルバム名が前述のライナーノーツでは間違っているのはご愛嬌ですが(苦笑)、「The Ballad Of Billy The Kid」「Miami 2017」「Summer,Highland Falls」など、ブレイク期のライブアルバム「Songs In The Attic」に収録されている佳曲をこうして再び新たなライブバージョンで聴くことができるのは嬉しいポイント。他にもスタジオ録音とは段違いのエネルギーを聴いていて感じさせる楽曲が揃っています。

 難点はやはり昔のライブ音源なのでリマスターしたといえども曲によって音質にバラつきがあること、フェードインで始まり曲の冒頭部分が数秒欠けている曲があること、そしてライブ盤で総演奏時間40分というのはかなり短めで、腹六分(?)ぐらいで終わってしまうあたりでしょうか。とはいえ、近年はライブ音源の類も発売されず、リリース的には完全に隠居状態になっている彼の「新譜」、ファンの方は是非ご一聴のほどを。

2008年09月23日 17:32

waytonormal ベン・フォールズの待望のニューアルバム(何と前作から3年半ぶり)がついに発売されたので、先日購入してきました。オリジナルアルバムでは通算3作目の作品。2008年9月17日発売。

 前作「ソングス・フォー・シルヴァーマン」から、再びベン・フォールズ・ファイブ時代と同じピアノ+ベース+ドラムスのトリオ編成(もちろんベースとドラムスはBF5とは違うメンバーですが)でのレコーディングが復活。今作も編成は同じですが、前作の穏やかでリラックスした作風とは一転、今作では「これってBF5?」って思わせるような攻撃的で勢いのあるピアノロックが炸裂し、メロディアスな曲調が多くなっていると感じました。そしてこういう作風は筆者の好みでもあり(笑)、愛聴盤になりそうな1枚です。

 BF5であってBF5でない・・・クラブサウンドのようなドラムスの曲もあったりして、ベンがソロで培ってきたアプローチも取り入れた、この時点での(BF5時代を含む)ベン・フォールズの集大成のような作品ではないでしょうか。
 最近はソロ開始当時に比べると創作活動がスローペースになっているベン氏ですが、これだけの質の高いアルバムを作ってくれれば、次も3年ぐらいは待てるかなと思います(笑)。

2008年08月26日 22:47

underthelader 「Bad Day」でおなじみのダニエル・パウターのセカンドアルバム「アンダー・ザ・レーダー」が発売された(2008年8月20日)ということで、本日購入してきました。

 ファーストアルバムから約3年ぶりということで、ライナーノーツを読むとその間どうやら色々あったらしいのですが、今回のアルバムは前作とは違うプロデューサーを迎えての作品ということで、パッと聴きで感じたのは、前作よりも作品全体が明るくなっているというか、歌詞もメロディーも前向きなものが多いな、ということ。売りのピアノは前面にガツガツ出てくるというよりも、今回はバンドサウンドの中で上手く溶け込んでいるような印象を受けました。これからじっくり聴くとまた違う側面も見えてくるのかも。

 ちなみに、今回はCDのみ(1,980円)とCD+DVD(2,980円)の2形態での発売。前作は大ヒットしたこともあり、あの手この手でかなりのバリエーションが発売された(これはアーティストサイドとは関係ないでしょうが)のですが、今回はできればこれだけにとどめてほしいなぁ・・・。

2008年07月25日 23:08

stranger30th J-POPではないので番外編的にご紹介(笑)。
 ビリー・ジョエルの「ストレンジャー」オリジナルLP盤発売30周年を記念して、2008年7月23日、限定で発売された豪華仕様の2CD+1DVDのボックスセットが、本日我が家に到着しました。ネット通販で発売間近に予約したもんで、発売日には届かなくてヤキモキしていましたが、無事到着して良かった良かった。

 内容はオリジナル盤のリマスターCD、未発表ライブのCD、そして過去テレビで行ったスペシャルライブのDVDと、そして同梱のブックレット(対訳つき)、当時の復刻ポスター、直筆ノートのレプリカ(!)などなど、ボリュームたっぷりの内容。
 今ライブCD聴きながらこの記事書いてます。1977年当時の音源ですが、保存状態が良かったのか、音質のクオリティは最近のCDと遜色ないと思います。

 それにしてもこの作品、30周年記念盤ということで当たり前なのですが、もう発売されてから30年(ホントは31年)も経過しているんですね。もちろん、筆者はその頃生まれておらず、このアルバムを初めて聴いたのも十代の頃で、リアルタイムで当時の雰囲気は知るべくもないのですが、今でも(特に日本では)このアルバムが彼の代表作、タイトル曲が代表曲として認識されて、長年多くの人々に愛され、聴かれ続けているわけですから、このアルバムにとってもまさに冥利に尽きる(こんな言い方あるのか^^;)30年だったのではないでしょうか。

 ビリー氏のファンなら少々値が張っても買うべきアイテムですね(笑)。そして一日でも早く、次作のオリジナルアルバムが製作されることを期待しましょう!・・・もう15年も待ち続けてるんじゃ〜!!(涙)

記事検索
Recent Comments
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Archives
Profile

SASA

  • ライブドアブログ