CD Review ハ行

2020年08月30日 14:24

fovextrarare 2020年5月13日発売、FIELD OF VIEWのデビュー25周年(1995年デビュー、2002年解散)を記念してのベストアルバム。CD2枚組全30曲収録+初の商品化映像を収録した約1時間のDVD1枚の計3枚組。

 2002年末の解散までに公認ベストを3枚、解散後はビーイング主導の非公認ベストを3枚リリースしている彼ら。今回のベストはデビュー25周年を迎えたタイミングの2020年にボーカルの浅岡雄也がビーイングに掛け合い実現した(要約)そうで、通算4作目の公認ベスト作品になります。基本的にシングル集だったこれまでのベストと異なり、未発表テイクのシングル曲に加え、アルバム初収録となるカップリング曲4曲、さらに未発表の新曲を5曲収録という大盤振る舞い。リマスターは勿論のこと、歌詞ブックレット内には4頁にわたって収録曲ごとの浅岡本人のライナーノーツも掲載され、かつてないほど気合の入った内容になっています。

 CD2枚は時系列ではなく、DISC 1は「君がいたから」、DISC 2は「突然」という大ヒットシングルから始まり、シングル曲の合間にカップリングやアルバム曲、そして新曲を適度に配置し、最後はバラードナンバーで締めるという、1枚ずつ完結している流れのある構成。シングルの未発表テイクはデビューシングルの「君がいたから」から「ドキッ」までの5作のシングルになりますが、どの曲も正式採用されたテイクの微妙なミックス違いといった感じで、よほどのコアなファンでなければ違いがすぐには分からないようなバージョンなので、正式テイクとの差異を気にしなくても特に問題ないと思います。むしろテイク違いが公言されなかった「青い傘で」のほうが冒頭から明らかに各楽器のバランスが異なる未発表バージョンだったというのがサプライズではありました(笑)。

 新曲5曲は前述のライナーノーツによると制作時期がそれぞれ異なるようで、浅岡が令和の時代になってから歌詞を書きおろしたと公言している曲あり、編曲クレジットに当時ビーイング在籍だった明石昌夫の名前があったり、録音メンバーのクレジットに新旧ミュージシャンの参加表記があったり…と、どこまで作っていてどこからが今回用に再録音したのかは曖昧。曲調は幅があり、彼らのパブリックイメージ的なバンドサウンドから、活動末期の打ち込みを全面的に使用したナンバーまで様々ですが、歌詞は基本的にひとつのテーマを様々な角度から描いているという意味で統一感がありました。ただ、浅岡以外のメンバーで今回の録音に明確に参加していたのはドラムスの小橋琢人が1曲だけ、しかも担当パートはドラムの打ち込みだったというのが少し残念。彼の生ドラムが響く新曲ももう数曲録音して欲しかったな、と思います。

 DVDは「FIELD OF VIEW 〜the Extra Reflections〜」。各オリジナルアルバムから1コーラス程度のプロモーション映像39曲、さらに「Still」「青い傘で」のライブ映像(2000年開催のライブツアーの映像のようです)を収録。プロモーション映像はこの時代のビーイングにありがちだった「スタジオで作業中のついでに素材的に撮る」というものではなく、ちゃんとロケ地やステージセットで撮影用の衣装も着て演奏している本格的なもの。当時のビーイング情報番組「NO.」あたりで流れた映像ではないかと推測しますが、アルバムの曲までこんなに沢山撮影してたんだ…というのが驚き。「CAPSULE MONSTER」だけは謎のモノクロアニメで1曲のみというのが残念でしたが、解散時のMV集「VIEW CLIPS」との被りも全くといっていいほど無しでコアなファンも満足できそうな内容。あとはメニュー画面と曲目表記があれば完璧でした。そして今回は2曲だけだったライブ映像もまだまだ眠っていそうで、今後何かの機会にでも放出してくれたらな、とも思いました(笑)。

 …ということで結構なボリュームのコアファン向けベストであり、代表曲もほぼ網羅されているとはいえ、いきなり初心者がこれを聴くのはちょっと重ため。これまでのベストを1作聴いて、更に彼らの音楽世界を体験したい、というライトリスナーへ「2作目のベスト」として聴く流れがお薦めです。それにしても解散から約18年、まさかこの時点でここまで凝ったベストが制作されるとは思ってもみなかったし、カップリングの名曲達も長い時を経てようやくアルバムに収録され、さらに新曲多数と、ファンとしては「予想さえしてないギフト」を有難く受け取らせてもらいました。

2020年08月23日 10:26

begin24-7 2020年8月19日、各音楽配信サイトで販売開始されたBEGINの通算4作目の配信限定シングル。

 作詞・作曲は単独名義でのシングル発売は初となるギターの島袋優、編曲はBEGIN名義。沖縄発祥のビール会社・オリオンビールが発売したプレミアムクラフトビール「75BEER」のCMソングとして起用され、BEGIN本人達も楽曲を演奏する役としてCMに出演。既に昨年末の時点で冒頭のスロー部分にスキャットを入れたバージョンでのCMオンエアは開始されていたようですが、フルサイズバージョンでこの夏ようやく配信という形での発売となった模様。

 タイトルの「24-7」は音楽用語?と思いきや、24時間・7日間、「年中無休」を意味する(読みは「にいよんなな」)という造語らしく、「頑張っている全ての方に向けた、BEGINの応援ソング」とのこと。辛い出来事や上手くいかない事が多い世の中だけど、明日に向かって歩いていこう、というメッセージ(大意)を大上段からではなく彼ららしい水平の角度から綴った、曲調はブルース寄りのロックですが前向きで力強い楽曲に仕上がっています。

 なお本作で特筆すべきはボーカルのパート割り。Aメロとサビの大部分を島袋が、Bメロをキーボードの上地等が歌い、普段はメインボーカルを務める比嘉栄昇は曲全体にほぼ休みなくフレーズを入れるブルースハープの演奏に徹し、歌うのはサビで2回出てくる「Have a good life / good life」のみ、という斬新な試みがなされています。かつて「海の声」でも島袋がメインボーカルを務めるなど、タイアップ関連曲で比嘉が脇に回る曲は初めてではないですが、初めてMVを観た時は結構衝撃的でした。比嘉が全部歌うとかなり濃い感じになったと思われ、曲の印象も全く違ったものになるのでしょうが、ビールのCMソングらしい爽やかさにはナチュラルな島袋・上地の歌声がマッチ、といったところでしょうか。そこに短いフレーズ担当ながら聴き手に強烈なインパクトを残す比嘉のボーカルが飛び込んでくるのが良いアクセントになっていると思います。

 2010年前後ぐらいから共同名義のクレジットがほぼなくなり、メンバー個人名義での楽曲クレジットが増えてきたBEGINですが、今回は「三人で歌うBEGINナンバー」として新鮮な作品でした。

2020年07月26日 13:21

boom 宮沢和史(Vo)、小林孝至(G)、山川浩正(Ba)、栃木孝夫(Dr)の四人組ロックバンド・THE BOOM。1986年結成、原宿ホコ天での活動を経て、1989年5月にCBSソニーよりメジャーデビュー。1993年のリカットシングル「島唄」のヒットで全国に知名度を広げ、「berangkat -ブランカ-」「帰ろうかな」「風になりたい」等がヒット。以降、数回のレコード会社移籍と活動休止、各自のソロ活動を繰り返しながら、2014年12月17日の日本武道館公演をもってバンド解散という歴史を辿った彼ら。今回の「CD Review Extra」では、彼らが残した全ベストアルバムを公認・非公認含めて1枚ずつレビュー。「続きを読む」からご閲覧ください。続きを読む

2020年07月11日 16:50

perfumebest 2019年9月18日発売、同年メジャーデビュー15周年を迎えたPerfumeのオールタイム・ベストアルバム。CD3枚組全52曲収録。販売形態はCDのみの通常盤、特典映像入りのDVD/Blu-ray付きの初回限定盤、加えてスペシャルパッケージ、フォトブックレットも付属の完全生産限定盤、さらにアクリルフォトキューブ付きのアスマート/UNIVERSAL MUSIC STORE限定販売盤と多種多様ですがCD盤の内容はすべて同一。本レビューは通常盤となります。

 メジャーデビュー初期の2006年にインディーズ期を含めたベスト、現在所属のユニバーサルに移籍した直後の2012年に古巣の徳間ジャパンから海外向けとして企画されたベストがそれぞれ発売されていますが、本作は初のオールタイムベストという触れ込みで、2005年のメジャーデビューから2019年までにリリースした楽曲を、レコード会社の垣根を越えてコンパイルした作品。DISC_01は未発表の新曲「Challenger」からスタートし、これまでリリースしてきたシングル全A面曲、各アルバムからの楽曲を時系列順に収録し、DISC_03の最後には先行配信されていた「ナナナナナイロ」を配置して締め、というメジャーデビュー以降のPerfumeの足跡を余すところなく羅列するという構成になっています。なお、シングル曲は「edge」「Magic of Love」のみアルバムバージョンでの収録。選曲にはメンバーも参加しており、かなりのボリュームですがこれでも収録し足りない曲もあったとのこと。

 さて、DISC_01から順に聴いてPerfumeの音楽的変遷を…と書きたいところですが、彼女達の場合はコンポーザーである中田ヤスタカによるプロデュースが変わらず続いていることもあり、時期によってはクールに徹したり、キャッチーな方向に行ったりを繰り返しながらも、15年間最初から最後までエレクトロサウンドが軸。よって曲調も極端には変わらず、どこから聴いても普遍的なPerfumeナンバー…という感想にどうしてもなってしまうのですが、各楽曲の安定性は抜群。この路線を長年続けて人気を保ち続けている稀有な女性グループとして、日本の音楽シーンの中では際立った存在である理由はこの安定感にこそあるのかも。

 個人的にはDISC_02の中盤あたり、「レーザービーム」「MY COLOR」、移籍直後の「Spring of Life」などポップ色が前に出ていた時期が一番好きかな、という感想ですが、かと思えば同ディスクの「FAKE IT」やDISC_03に収録の最新アルバムからの「FUSION」も好きだしと、こうやってまとめてPerfumeの曲を聴くのも久々だったのですが、懐かしさもあり楽しめました。それにしても代表曲「ポリリズム」はDISC_01の7曲目という早い時点で登場というのが驚き。前述の通り収録曲は時系列なわけですが、この曲は2007年作品。もうそんなに経ったのか…と時間の流れに遠い目をしそうになってしまいました(笑)。

 本作の発売当時のキャッチフレーズのひとつ「Perfumeの入門編」というキーワードを見た時は、「52曲もあるのに入門編?!」と思ってしまったわけですが、メジャー以降の全シングルを収録、アルバムからのピックアップも有り、しかも通常盤3,500円程度で彼女達の15年間の楽曲の美味しいとこどりどころかほぼ網羅的に手に入れられる、という意味では他のCDを集めなくてもこれ1作でも充分オッケーの入門編なのかも。オリジナルアルバムを聴くぐらいのリスナーには各シングル曲のシングルバージョンが一気に手に入れられるのもお得だし、熱心なコレクターには(値は張りますが)特製アイテムやブックレット付属の限定盤ありと、色々な層からのニーズにも応えられるベストだと思います。まあどのディスクも75分超えでギッチリ収録されているので、全部聴くのは正直大変でしたが(苦笑)、Perfumeの音楽史を一気に体感できる内容でした。

2020年06月20日 21:50

eac7 2020年1月22日発売、→Pia-no-jaC←のクラシックカバーアルバム第7弾(公式表記では通算18枚目のアルバム)。全6トラック・7曲収録。初回限定盤、ヴィレッジヴァンガード限定盤、タワーレコード限定盤にはそれぞれ別の内容のライブDVDが付属(収録曲は全仕様同一)。本レビューはCDのみの通常盤となります。

 リスナーからリクエストを募り、著名なクラシック曲を彼ら流に仕立て直す「EAT A CLASSIC」シリーズ。ナンバリングを重ねる毎に原曲の壊し方がどんどん過激になる傾向は「〜5」辺りで極まった感があり、ジャケットデザインを一新した「〜6」ではアレンジ面でもやや落ち着いた印象がありましたが、今作は前作よりもより原点回帰…というか、どの曲も原曲を極端に崩さずにメロディー部分を尊重した「整った感じ」に統一してきたのが特徴でしょうか。

 以前にも書いたように、ともすればオリジナル部分が原曲パートを食ってしまうような構成も目立つ楽曲も過去にいくつかあったのですが、今回選ばれた7曲に関しては原曲そっちのけでやりたい放題、叫びたい放題(苦笑)という曲はなく、静と動を繋ぎ合わせた組曲風の「ラプソディ・イン・ブルー」、ボサノヴァ調アレンジの「月光ソナタ」、口笛パートも取り入れ軽快な「別れの曲」など、意表をつくアレンジもありつつも演奏自体はあくまで正攻法。正直どこでアバンギャルドすぎる演奏が飛び出してくるかと結構身構えていたのですが、これといった壮絶な展開はなく聴き終わりました(笑)。

 これまでのシリーズの「崩し」を楽しみにしていたリスナー層にとっては「もっと過激に!」という不満の声もあるかもしれません。ですが、第7弾まで続けてきたこの時点で初心者でも安心、シリーズ入門編的な作品が登場するのは却って新鮮かも。収録曲もいつもに増してポピュラーなラインナップだと思いますし、初→Pia-no-jaC←体験にもお薦めだと思える佳作でした。

2020年05月30日 17:03

hata6th 2019年12月11日発売、秦基博の通算6枚目となるオリジナルアルバム。配信シングル「花」「仰げば青空」、フィジカルシングル「Raspberry Lover」を含む全13曲収録。初回限定盤にはライブ映像とMVが収録されたDVDが同梱。また、ファンクラブ会員限定盤としてボックス仕様+特典有の完全受注生産盤も存在。本エントリーは通常盤のレビューとなります。

 デビューから数年間はサウンドプロデューサーに編曲作業を全面委託していた秦基博。次第に自身もアレンジ関連に携わるようになり、前作ではついにセルフプロデュース、ほぼ全ての楽曲を単独編曲するまでになりましたが、4年振りのオリジナルアルバムとなる本作では全13曲中11曲がトオミヨウ(秦と同学年)との共同サウンドプロデュース名義(残り2曲は秦単独)。かつては自分よりも年上で既に実績のあるサウンドプロデューサーを招いていた彼が、同学年の世代とタッグを組むというのは今までになかった形だと思います。また、シングル関連以外でもタイアップのついていた「Joan」「在る」、そして本作のリード曲的な「9inch Space Ship」は発売に先駆けて先行配信がされるなど、時流に合わせたプロモーションを行ってのリリースとなりました。

 本作の構成は冒頭1曲目と8曲目にそれぞれ「天動説」「地動説」という短いインストを配置し、既発の各シングル曲や先行配信曲を万遍なく並べた形。特にインストを境に音楽性がガラリと変わる…ということもなく、秦の歌と爪弾くアコギの演奏を中心に据えたいつも通りの楽曲スタイルという安定感のある内容。強いて挙げるならば、前半はしっとりとした「LOVE LETTER」「アース・コレクション」などの打ち込み主体+必要に応じてリズム隊などの生楽器が入る曲がやや多め、後半は「9inch〜」や「Rainsongs」といったバンド演奏を前提とした生楽器全面参加形態による曲がメインという違いぐらいでしょうか。
 ただ、アレンジ面では従来よりも楽器が鳴っていてもバンド感が後退したな…という曲が全体的に見受けられました。例えばアッパーな曲調でもうちょっとガツンとバンドサウンドが前に来て欲しい曲、バラード系ではアコギ以外の音の存在感がやけに薄い曲…などがチラホラ。秦の歌声をこれまでより前面に出すという試みなのかもしれませんが、聴いていて彼のボーカルを引き立てる背景の部分にもう一押し欲しいな、という感想を抱いてしまったのが正直なところ。

 10周年のオールタイムベスト以降からリリース活動が停滞し、長い間待たされた後での新曲満載のオリジナルアルバムがようやく完成、ということで待望の1枚であったのですが、微妙な喩えをすると「懐石料理を食べようとして席に着いたら、精進料理が出てきた」と言いますか。同じ和食系統なので期待していたのと違う!というほどではないのですが、これはこれでいいんだけどこれまでのアルバムに比べると物足りない部分もいくつか散見されたアルバムでした。

2020年02月23日 21:40

fov 前身バンドのviewでのシングルリリース2枚を経て、浅岡雄也(Vo)、小田孝(G)、小橋琢人(Dr)、安部潤(Key)の4人で1995年5月15日、シングル「君がいたから」で再デビューを果たしたFIELD OF VIEW。翌年の安部脱退後は新津健二(Ba)が加入、2001年にthe FIELD OF VIEWと改名するも2002年末のライブをもってバンドは解散。長らく時は流れてデビューから25年目直前の2020年5月13日、未発表テイクや未発表の新曲を盛り込んだCD2枚組+DVDの新たなベストアルバムをリリースすることが決定。今回の「CD Review Extra」ではベスト盤発売記念と称し、これまで彼らがリリースしてきたベストアルバム全6作(台湾限定盤除く)を一挙レビュー。「続きを読む」からご閲覧ください。続きを読む

2020年02月08日 16:49

beginlive2 2019年11月20日発売、BEGINのライブ音源コンピレーションアルバム第2弾。CD2枚組全28曲収録。

 2008年に「シングル大全集」の兄弟盤として、デビューからの歴代のライブ音源を詰め合わせた前作(以下「1」)から11年、本作は基本的に「1」以降の各ライブ、直近では2019年8月のビルボードライブまでの音源からの選曲。今回は明確にコンセプトが掲げられており、今や彼らの代名詞である「島唄」、デビュー当時から地道に紡がれてきた「ブルース」、そして近年のライブで提唱する「マルシャショーラ」の3つのテーマで選曲されている、という触れ込みになっています。なお、ライブ写真がコラージュされたジャケット写真は「シングル大全集」に倣ったイラストジャケットの「1」とは対照的。1曲ずつ座談会形式でメンバーが語る楽曲解説も今回は歌詞ブックレットには掲載されていません。

 DISC-1は「島唄」をテーマにした全11曲。「島人ぬ宝」を筆頭に、BEGINのパブリックイメージに沿った代表曲がズラリと並んでおり、本作より一ヶ月先にリリースされたスタジオ音源ベストのライブ盤的な趣。ただ「1」にも収録された楽曲が多いことを考慮してか、1コーラスがウチナーグチ、2コーラスがヤマトゥグチで歌唱される「涙そうそう」、2015年のブラジル公演からピックアップされ、現地の言葉で盛り上がる「オジー自慢のオリオンビール」など、バージョン違いが結構あるのが特徴でしょうか。個人的には想像していたよりもライブ映えのする「風よ」や、琉球太鼓を一大フィーチャリングした「かりゆしの夜」などが特に印象に残りました。

 DISC-2は「ブルース」「マルシャショーラ」関連楽曲を1枚に収めた全17曲。看板楽曲はDISC-1に集中しており、近年の作品ではアルバム楽曲としてひっそりと(?)収められているブルース調ナンバーが次々と登場するわけですが、選曲はかなりマニアック。かつデビュー初期の「心ゆくまでBlues」やら「AM3:00」やらがまさかの選出で、収録曲リストを見た時はかなり驚きました(笑)。またもう一つのテーマである「マルシャショーラ」ですが、実際はマルシャバージョンで収録されている曲は「笑顔のまんま」他数曲で思っていたより少なく、「今宵BYGで」「国道508号線」のようなノリの良い曲まで含めての範囲の選曲だったのかも。これには若干コンセプトとは齟齬がある気がしますが、まあマルシャアレンジは結構画一的なものが多いので、数曲に留めて正解だったのかもしれませんが。そんなモヤモヤの中(?)、ラストにシンフォニックなバージョンで収録されたデビュー曲「恋しくて」は出色でした。

 DISC-1が鉄板選曲、DISC-2がマニアック選曲というのは「1」を踏襲している気もしますが、前述の通り楽曲解説などがなく、どういう経緯でこういったアレンジで演奏された、との副読本的なモノも欲しかったという意味では、「1」に比べるとちょっと物足りなさはあります。ただ、両ディスクを通じて「BEGINのライブの楽しさ」を音だけとはいえ体験できるという点では前作同様、良盤だと思います。

2019年12月08日 13:19

bznewlove 2019年5月29日発売、B'z通算21作目のオリジナルアルバム。全13曲収録。発売形態はCDのみの通常盤、CD+Tシャツ付きの初回生産限定盤、アナログレコード盤の3種(収録曲は同一)。

 本作はB'z史上初、オリジナルアルバムでシングルが1曲も収録されない作品。といっても収録曲中、昨年秋のドラマ主題歌だった「WOLF」、特にラグビーW杯中にテレビで大量にオンエアされた「兵、走る」を筆頭に「マジェスティック」「デウス」といったCMソングの計4曲がここで初音源化されたので、これらが一応シングル扱いになるのかもしれませんが。そんなタイアップ曲を序盤に配し、中盤以降は全て新曲という構成になっています。また、「Rain & Dream」ではゲストギタリストとしてAerosmithのJoe Perryが参加。彼らの楽曲で松本以外のギタリストが参加するのもB'z史上初…のはずです。

 アレンジは前作でほとんどの楽曲を担当したYukihide "YT" Takiyamaが初の全曲担当。前任(?)の寺地秀行(今回はストリングスアレンジとして「Da La Da Da」にクレジット)と比べると、曲自体のハードロック色はそのままにデジタル音を廃し、パーカッションやブラス等のテイストを効果的に盛り込む印象でこれは前作同様。本作では長年のレコーディング&ライブメンバーだったリズム隊を刷新するなどの試みがされていますが、それでもざっと聴いた感じでは受けるイメージはあまり変わらず。

 むしろ気になったのはメロディーの方で、今回は意図的にか?というぐらい、B'zの特徴だったキャッチーなメロディーは全編に渡って出てこない、出てきても「あれ?これってB'zの昔の曲であったような…」というフレーズだったり(まあ作曲者が同じだからでしょうが)と、前半に「兵〜」のようなアレンジで耳を惹く曲がある分、その後の曲は画一感が…。聴き終わって一番印象に残ったのが前述の「Rain〜」での後半のギタリスト同士の長尺の掛け合いだったりしたわけで、激しい曲もバラードもあるし地味というわけでは決してなく、良くも悪くも安定の一作、という感じでしたが、筆者が求めるB'z的なものとはちょっと違ったかな、というのが正直なところでした。

2019年11月17日 12:19

hirosetop 1993年12月リリースのシングル「ロマンスの神様」がアルペンのCMソングに起用されミリオンセールスを記録。以降90年代末まで毎年冬になるとヒットを飛ばし、いつしか「冬の女王」と呼ばれるようになった広瀬香美。今月末には来年初頭に開催のセットリスト順にオリジナル音源を並べた新たなベストアルバムも発売されるとのことです。
 今回の「CD Review Extra」では、冬に向かうこれからの季節に合わせて(?)彼女のこれまでに発売してきたベストアルバムを1枚ずつレビュー。「続きを読む」からご閲覧ください。続きを読む

記事検索
Recent Comments
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Archives
Profile

SASA

  • ライブドアブログ