一進一退days -J-POP Archives-

since:2008/1/2 J-POPの今昔レビューを中心としたブログです。

一進一退days -J-POP Archives- イメージ画像

CD Review サ行

 2021年9月15日発売、「デビュー30周年記念 リアレンジアルバム」と称された(CDのシュリンクに貼り付けられたシールより)、ZARD通算9枚目のオリジナルアルバムのリメイク盤。全10曲収録。  原盤「時間の翼」はZARDのデビュー10周年時にあたる2001年の2月にリリース。ZAR
『CD Review:ZARD「時間の翼 〜30th Anniversary〜」』の画像

 1991年9月9日、シングル「Can't Stop!! -Loving-」でCDデビューを果たしたSMAP。当時のメンバーは中居正広、木村拓哉、稲垣吾郎、森且行(96年脱退)、草磲剛、香取慎吾の6人。従来のジャニーズ的な活動からスタートし、バラエティ、ドラマ、そして音楽に関してもそれまで
『CD Review Extra:CDデビュー30周年記念・SMAP 全ベストアルバムレビュー』の画像

 2020年10月7日発売、SURFACE通算8作目のオリジナルアルバム。本編全12曲収録の通常盤、収録曲2曲のMVを収録したDVD付きの初回盤A、ボーナスCD付きの初回盤Bの三形態(全形態Blu-spec CD2仕様)での発売。本レビューは初回盤Bとなります。  2018年5月に復活し、翌年にオリ
『CD Review:SURFACE「PASS THE BEAT」』の画像

 2021年1月27日発売、Sony Music Shopの「日本の名盤復刻シリーズ」の新作ラインアップとして同時リリースされた聖飢魔Ⅱのベストアルバム2作を、本エントリーで一纏めにしてご紹介。  本作の原盤は、聖飢魔Ⅱが年内での解散を発表した1999年にリリース。この時は2作同時
『CD Review:聖飢魔供1999 BLACK LIST [本家極悪集大成盤]」「1999 BLOOD LIST [元祖極悪集大成盤]」』の画像

 2021年でデビュー30周年を迎えたZARD、さすがにCD関連のリリースは無さそうですが、過去のテレビプログラムの映像作品やフォトコレクション、オーケストラ公演など、30周年記念のプロジェクトが続きそうです。さて今回の「Artist Archive」はZARDの全オリジナルアルバムレ
『Artist Archive:ZARD 全オリジナルアルバムレビュー・後編』の画像

 2020年8月19日発売、スキマスイッチのセレクションアルバム第2弾。全14曲収録。初回限定盤はレコーディングメイキングやインタビュー映像入りのDVD付属+上製本パッケージ仕様。通常盤はカスタムジャケット仕様(CDの収録内容は同一)。本レビューは通常盤となります。  
『CD Review:スキマスイッチ「スキマノハナタバ 〜Smile Song Selection〜」』の画像

 1991年2月10日、ポリドールレコード内ビーイングレーベル・b.gramからシングル「Good-bye My Loneliness」でデビューしたZARD。最初期はあくまでバンドという体裁でしたが、次第にボーカルであり、ほぼ全ての楽曲の作詞を手掛ける坂井泉水を中心としたプロジェクトネーム(
『Artist Archive:ZARD 全オリジナルアルバムレビュー・前編』の画像

 2020年10月7日発売、SARD UNDERGROUNDによるZARDトリビュートアルバム第2弾。全12曲収録。CDのみの通常盤、加えて2019年の新宿でのワンマンライブの模様を収めたライブDVDが付属の初回限定盤の2形態販売(CD収録曲は同一)。本エントリーは通常盤のレビューとなります。
『CD Review:SARD UNDERGROUND「ZARD tribute II」』の画像

 2020年3月4日発売、さかいゆうの通算6作目のオリジナルアルバム。全12曲収録。初回限定盤はSHM-CD仕様+昨年10月に日比谷野外大音楽堂で開催されたライブの模様と本作のレコーディングドキュメンタリーやMVを収録したDVDが付属。なお、本作から厳選された9曲をアナログ盤で8
『CD Review:さかいゆう「Touch The World」』の画像

 2019年7月24日発売、通算7作目、復活後としては初となるSURFACEのオリジナルアルバム。全11曲収録。初回限定盤には収録曲「Is life beautiful?」「僕たちの声」のMVとメンバーのインタビューを収録したDVDが付属。また初回限定盤・通常盤(初回プレスのみ)共通でプレイパ
『CD Review:SURFACE「ON」』の画像

↑このページのトップヘ