一進一退days -J-POP Archives-

since:2008/1/2 J-POPの今昔レビューを中心としたブログです。

一進一退days -J-POP Archives- イメージ画像

CD Review サ行

 2023年12月13日発売、さかいゆう初のベストアルバム。CD2枚組の通常盤、同年4月に開催された日比谷野外大音楽堂でのライブの模様を収録したDVDが付属の初回限定盤の2形態での販売(CDの登録内容は同一)。本レビューは通常盤となります。  2015年にコラボ先からリリース
『CD Review:さかいゆう「さかいゆうのプレイリスト[白と黒]」』の画像

 2023年7月5日発売、「20th Anniversary BEST」と銘打たれたスキマスイッチのベストアルバム。CD3枚組全45曲の通常盤、加えて2022年12月に行われた日本武道館でのライブを収録したBlu-ray付属の三方背スリーブケース仕様の初回限定盤、さらに2023年5月のZepp Hanedaにて開催
『CD Review:スキマスイッチ「POPMAN'S WORLD -Second-」』の画像

 大橋卓弥(Vo/G・他)、常田真太郎(Pf・他)の2人組ポップスユニット・スキマスイッチ。インディーズでの活動を経て、2003年7月9日にシングル「view」でメジャーデビュー。「奏(かなで)」「全力少年」「ボクノート」といった代表曲を持ち、他アーティストへの楽曲提供や
『Artist Archive:メジャーデビュー20周年記念・スキマスイッチ 2003-2007 全アルバムレビュー』の画像

 2023年2月22日発売、SARD UNDERGROUNDの通算5枚目となるフィジカルシングル。CDのみの通常盤、ライブ映像入りのDVD付きの初回限定盤A、フォトカレンダー付きの初回限定盤Bの三種販売で、それぞれにカップリングとしてZARD関連のカバー曲を1曲ずつ収録。本レビューは同年3月
『CD Review:SARD UNDERGROUND「卒業式」』の画像

 2022年11月30日発売、さかいゆうとマルチクリエイター集団であるorigami PRODUCTIONSの合同名義によるカバーアルバム。全10曲収録のCDのみの通常盤、ライブ映像を収録したDVDが同梱の初回生産限定盤の二形態に加え、2023年1月25日には収録曲順を一部変更したLP盤もリリース
『CD Review:さかいゆう & origami PRODUCTIONS「CITY POP LOVERS」』の画像

 2022年9月14日発売、SARD UNDERGROUNDのミニアルバム。シングル「空っぽの心」を含む全7曲収録。CDのみの通常盤、「空っぽの心」のMVとメイキングを収録したDVD同梱の初回限定盤の2形態での販売。CD内容は同一ですが、それぞれに異なるクリスマスアナザージャケットカード
『CD Review:SARD UNDERGROUND「日の名残り」』の画像

 2022年2月9日発売、SARD UNDERGROUNDの通算3作目となるZARDトリビュートアルバム。全12曲収録。初回限定盤にはライブ映像とメイキング動画を収録したDVDが付属(CDの収録内容は同一)。本レビューは通常盤となります。  ZARDのトリビュートバンドとして四人組で活動をス
『CD Review:SARD UNDERGROUND「ZARD tribute 掘廖戮硫菫

 2022年1月26日発売、斎藤誠の通算13枚目となるオリジナルアルバム。全13曲収録。通常盤はCDのみのもの、ライブ映像入りDVDが付属の2タイプ、さらにTシャツが付属の数量限定生産盤の計3種での発売(CD収録内容は同一)。本レビューはCDのみの通常盤となります。  プロデュ
『CD Review:斎藤誠「BIG LOVE」』の画像

 2021年11月24日発売、スキマスイッチの通算8枚目&9枚目のオリジナルアルバム。所属レコード会社による両アルバムの特設サイトはこちら。  前作以降、セレクションアルバム2枚、ライブアルバム4枚を挟み、実に3年8ヶ月ぶりとなるオリジナルアルバムは2枚同時発売。今回は
『CD Review:スキマスイッチ「Hot Milk」「Bitter Coffee」』の画像

 2021年9月1日発売、SARD UNDERGROUND初のオリジナルアルバム。シングル「少しづつ 少しづつ」「これからの君に乾杯」「ブラックコーヒー」、配信シングル「あの夏の恋は眩しくて」「夏の恋はいつもドラマティック」を含む全10曲に、通常盤はボーナストラックとして「Blue t
『CD Review:SARD UNDERGROUND「オレンジ色に乾杯」』の画像

↑このページのトップヘ