一進一退days -J-POP Archives-

since:2008/1/2 J-POPの今昔レビューを中心としたブログです。

一進一退days -J-POP Archives- イメージ画像

CD Review ア行

 2017年9月13日発売、デビュー25周年を記念してリリースされたaccessのオールタイム・ベストアルバム。CD4枚組全54曲収録。4面デジパック+ブックレット付属の三方背BOX仕様の初回限定盤、プラスチックケース仕様の通常盤が存在しますが収録内容は同一。また、期間限定特典と
『CD Review:access「access BEST 〜double decade + half〜」』の画像

 2016年12月6日発売、井乃頭蓄音団通算4枚目となるオリジナルアルバム。全10曲収録。  前々作の「おかえりロンサムジョージ」、そして前作の「グッバイ東京」と、アルバムを重ねる毎に元々持っていたアングラ感、特徴的でもあった変態性あふれる(笑)歌詞がどんどん薄れ
『CD Review:井乃頭蓄音団「MAHOROBA」』の画像

 2016年8月3日発売、BEGINのキーボーディスト・上地等の初のソロアルバム。地元石垣FM番組のテーマソング「熱帯楽園島」、SIONのカバー「がんばれがんばれ」を含む全10曲収録。  現在は本体とは別に、三人のメンバーそれぞれのソロ活動も並行して行われているBEGIN。上地
『CD Review:上地等「48(よんぱち)」』の画像

 2016年11月23日発売、6年間の休止期間を経て今年より活動を再開した大黒摩季のオールタイム・ベストアルバム。CD4枚+90年代のMVを収録のDVDを同梱した計5枚組の初回生産限定BIG盤、CD3枚組STANDARD盤の2種で発売。なお、DISC 1〜3はBIG盤、STANDARD盤とも同一内容。今回の
『CD Review:大黒摩季「Greatest Hits 1991-2016 〜All Singles+〜」』の画像

 2016年4月4日発売、井上ヤスオバーガーの通算4枚目のオリジナルフルアルバム。シングル「自転車乗りの唄」を含む全12曲収録。  井上ヤスオバーガーは、バンド活動を経て現在はソロとして活動中の京都在住のシンガーソングライター。一年の大半をほぼライブツアーに費やし
『CD Review:井上ヤスオバーガー「すべてを音楽にかえる」』の画像

 2016年9月21日発売、TM NETWORKのボーカリスト・宇都宮隆がTMN活動休止期(1992〜1994年)に活動していたソロプロジェクト「T.UTU with The BAND」形態でリリースされた楽曲+αの全29曲を網羅したCD2枚組に加え、当時のライブ映像を収録したDVDをワンパッケージにした、全
『CD Review:宇都宮隆「T.UTU with The BAND All Songs Collection」』の画像

 2016年9月7日発売、ピアノ+ベース+ドラムスで構成されるスリーピース・インストゥルメンタルバンド、H ZETTRIOの3rdオリジナルアルバム。「EXCITING FLIGHT盤」「DYNAMIC FLIGHT盤」の2種形態で発売され、今年2月から6月にかけて配信されたシングル8曲を含む本編12曲は共
『CD Review:H ZETTRIO「PIANO CRAZE」』の画像

 2015年10月28日発売、デビュー20周年を記念してリリースされた、相川七瀬のキャリア初となるカバーアルバム。全10曲収録。初回限定盤はスリーブケース仕様。  1995年のデビューから2000年までの彼女のトータルプロデュースを務めた織田哲郎。そんな彼の本人名義の楽曲や
『CD Review:相川七瀬「TREASURE BOX -TETSURO ODA SONGS-」』の画像

 2016年5月18日発売、aikoの通算12枚目のオリジナルアルバム。シングル「あたしの向こう」「夢見る隙間」「プラマイ」「もっと」を含む全13曲収録。今回レビューするCD1枚の通常盤の他、昨年末のカウントダウンのライブの模様を収録したBlu-ray、DVDがそれぞれ付属する初回
『CD Review:aiko「May Dream」』の画像

 2016年7月13日発売、Mr.Childrenの桜井和寿とラッパーGAKU-MCのユニット・ウカスカジーのセカンドアルバム。実質5曲+コメンタリーを収録したボーナストラック+αの全10トラックで構成。  2014年のFIFAワールドカップを盛り上げるために結成されたというウカスカジー
『CD Review:ウカスカジー「Tシャツと私たち」』の画像

↑このページのトップヘ