一進一退days -J-POP Archives-

since:2008/1/2 J-POPの今昔レビューを中心としたブログです。

一進一退days -J-POP Archives- イメージ画像

CD Review ア行

 2022年5月25日発売、上杉昇の「オールタイム・プレイリストアルバム」第2弾。全15曲収録。  プロデビュー30周年を記念してのプロジェクトとして、同年3月に一般発売された「永劫回帰Ⅰ」に続く第2作目のベストアルバム。前作同様にライブ会場で先行して発売された後、5月
『CD Review:上杉昇「永劫回帰供廖戮硫菫

 2022年5月25日発売、H ZETTRIO通算7枚目のオリジナルアルバム。全12曲+異なるボーナストラックをそれぞれ1曲ずつ収録した「EXCITING FLIGHT盤」「DYNAMIC FLIGHT盤」の2形態での発売。本レビューは「EXCITING FLIGHT盤」となります。  2022年元旦に前作「トリオピック」
『CD Review:H ZETTRIO「kazemachizuki」』の画像

 2022年1月1日発売、H ZETTRIOの通算6枚目となるオリジナルアルバム。全12曲収録+ボーナストラックがそれぞれ異なる「EXCITING FLIGHT盤」「DYNAMIC FLIGHT盤」の2形態での発売。本レビューは「DYNAMIC FLIGHT盤」となります。  間にテレビ番組発祥の企画カバーアルバム
『CD Review:H ZETTRIO「トリオピック 〜激闘の記録〜」』の画像

 2022年3月9日発売、「オールタイムプレイリストアルバム」と冠された、上杉昇初のベストアルバム。全15曲収録。  本ブログでも複数回採り上げているWANDS。その初代ボーカリストである上杉昇。WANDS脱退後は同じく元WANDSの柴崎浩とユニットal.ni.coを1997年より結成して
『CD Review:上杉昇「永劫回帰I」』の画像

 2008年のブログ開設当初から13年半の歳月をかけて地味に更新してまいりました「今週の1枚」。結構なネタ切れの危機を回避しつつ(?)今回のエントリーで第80回目を迎えました。今後もスローペースで更新していきますのでどうぞご贔屓に。そんな話はさておき、今回ご紹介
『今週の1枚(80)「ELECTROMANCER/浅倉大介」』の画像

 2021年3月10日発売、宇多田ヒカルの企画盤EP。全8トラック収録。初回限定盤は紙ジャケット仕様、通常盤はアルバムサイズのプラケース仕様(収録曲は共通)。また、同日に全6トラック、ジャケットイラスト違いのLP盤が完全生産限定でリリース。本レビューはCD盤となります。
『CD Review:宇多田ヒカル「One Last Kiss」』の画像

 2020年10月7日発売、シンガーソングライター・東野純直の通算21枚目(諸説ありますが一応公式サイトの枚数でカウント)となるニューシングル。全3曲収録。初回特典としてジャケットを縮小サイズにしたミニステッカーが封入。  2010年代はリリースが停滞し消息不明な時期
『CD Review:東野純直「明日のカタチ」』の画像

 2020年1月1日発売、H ZETTRIO通算5枚目のオリジナルアルバム。本編全12曲に加え、異なるボーナストラックを1曲ずつ収録する「DYNAMIC FLIGHT盤」「EXCITING FLIGHT盤」の2種でのリリース形態。本レビューは「DYNAMIC FLIGHT盤」となります。  従来の彼らのリリースパター
『CD Review:H ZETTRIO「RE-SO-LA」』の画像

 2019年4月24日発売、通算13枚目を数える東野純直のニューアルバム(セルフカバーを除くオリジナルアルバムでは11作目)。全10曲収録。  前作から約8年、現在はラーメン屋の店主として厨房に立ちながら音楽活動を継続している東野純直。アルバムタイトルはまさに現在の彼
『CD Review:東野純直「Mr.cook」』の画像

↑このページのトップヘ