一進一退days -J-POP Archives-

since:2008/1/2 J-POPの今昔レビューを中心としたブログです。

一進一退days -J-POP Archives- イメージ画像

CD Review ア行

 2020年10月7日発売、シンガーソングライター・東野純直の通算21枚目(諸説ありますが一応公式サイトの枚数でカウント)となるニューシングル。全3曲収録。初回特典としてジャケットを縮小サイズにしたミニステッカーが封入。  2010年代はリリースが停滞し消息不明な時期
『CD Review:東野純直「明日のカタチ」』の画像

 2020年1月1日発売、H ZETTRIO通算5枚目のオリジナルアルバム。本編全12曲に加え、異なるボーナストラックを1曲ずつ収録する「DYNAMIC FLIGHT盤」「EXCITING FLIGHT盤」の2種でのリリース形態。本レビューは「DYNAMIC FLIGHT盤」となります。  従来の彼らのリリースパター
『CD Review:H ZETTRIO「RE-SO-LA」』の画像

 2019年4月24日発売、通算13枚目を数える東野純直のニューアルバム(セルフカバーを除くオリジナルアルバムでは11作目)。全10曲収録。  前作から約8年、現在はラーメン屋の店主として厨房に立ちながら音楽活動を継続している東野純直。アルバムタイトルはまさに現在の彼
『CD Review:東野純直「Mr.cook」』の画像

 2018年10月10日発売、同年に結成10周年を迎えた井乃頭蓄音団通算5枚目のオリジナルアルバム。全10曲収録。  日本のフォークの大御所達からは結構な評価を得ていながらも基本的にはアングラ界隈で活動をし続ける彼らの約2年ぶりの新作オリジナル。ここ数作は松尾、佐藤、
『CD Review:井乃頭蓄音団「INOTOPIA」』の画像

 2018年11月21日同時発売、1988年、1991年にそれぞれ発売されたASKAのソロアルバムをリミックス・リマスター、高音質UHQ-CD仕様で再発したある意味「新譜」の2枚のオリジナルアルバムを今回は1エントリーでご紹介。  チャゲアスの活動と並行しながらソロ活動を行っていた
『CD Review:ASKA「SCENE -Remix ver.-」「SCENE II -Remix ver.-」』の画像

 TMNのサポートメンバーとして実績を重ねていたキーボーディスト・浅倉大介と、彼のソロアルバムでのゲストボーカルでの参加をきっかけに知り合ったシンガー・貴水博之。この二人がユニット・accessを1992年に結成。その後、活動休止、各ソロ活動を経て再始動し、現在は断続
『Artist Archive:access ファンハウス時代全アルバムレビュー』の画像

 2018年10月17日より一般発売が開始されたASKAの2枚のベストアルバムを今回は1エントリーにてご紹介。発売に際してASKA自身が語ったインタビュー記事はこちらから。  「We are the Fellows」はソロデビューして30年経ったのをきっかけにASKAが直接関与する初のベスト盤
『CD Review:ASKA「We are the Fellows」「Made in ASKA」』の画像

 2018年8月22日発売、東野純直の通算19枚目となるニューシングル。全3曲収録。  先日のエントリーでも書きましたが、筆者も参加したデビュー25周年記念ライブの直前に発売された本作。メジャー(1993〜2000年)では15枚のシングルをリリースし、インディーに移ってからは
『CD Review:東野純直「明日のシルシ」』の画像

 2018年2月28日発売、宇都宮隆の通算11枚目となるオリジナルアルバム。昨年秋に先行配信された「GET WILD PANDEMIC」のアルバムバージョンを含む全6曲のDISC1、過去の作品からのセルフセレクションを10曲収めたDISC2のCD2枚組。販売はDISC1+DISC2+Blu-ray+フォトブックレッ
『CD Review:宇都宮隆「mile stone」』の画像

↑このページのトップヘ