Review (Others)

2020年09月26日 21:17

milesmovie 2020年9月4日より全国順次公開のドキュメンタリー映画「マイルス・デイヴィス クールの誕生」を先日都内のミニシアターで鑑賞してきましたので、その鑑賞記を。
 ドキュメンタリー映画なのでネタバレも何もないと思いますので、今回は畳まずに書きます(笑)。

 アメリカで昨年夏より公開された本映画は、ジャズ界の帝王と呼ばれるトランペッター、マイルス・デイヴィスの65年の人生を彼の遺した発言からの引用や関係者からの証言を基に構成された約2時間のドキュメンタリー作品。
 基本的には時系列順に出来事を並べ(一部前後している箇所もあったような)、彼の生前のモノクロ写真、動画などを使用、BGMは彼の音楽作品からの楽曲をふんだんに使用。オープニングからラストまでひたすら彼の生涯を追った作品に仕上がっていました。

 マイルス・デイヴィスの没年は1991年。その頃筆者は中学に入学したばかりの頃だったわけで、リアルタイムで彼の音楽を意識して聴いたことのない世代ではありますが、「マイルスはこういう性格の人間だった」ということは後に情報を得て知っており、作中でも「世間一般のイメージ通りのマイルス」像が展開。こんな意外な一面が!?的な要素は特になかったような。生涯で4回も妻(あるいはそれに近い女性?)を娶るなど、恋多き人物だった面も語られていましたが、映画を観ていると彼女らの存在も音楽制作のモチベーションのひとつだったようにも思えました。

 エピソードとしては初めて聞くような話と、何度もドラッグ中毒になっては立ち直り…の繰り返しや、名声を得たアルバム「Kind of Blue」発売直後であるにも関わらず、白人警官に言いがかりをつけられ暴行を受けて血まみれに…などの既知の話が半々ぐらい。あまりマニアックになり過ぎず、彼の情報をほとんど知らない観客がふらりと観に来ても楽しめるという意味ではそれほど敷居が高くない内容だと思います(ディープなマイルスファンにとってはほとんど知ってる話になっているのかもしれませんが)。個人的にはこれぐらいの案配がちょうど良かったな、という感想。

 モダンジャズの全盛期を彩った、存命の関係者ミュージシャンがスクリーンに次々出てくるシーンではやはり興奮(笑)。特に50年代末のカルテットのドラマー、ジミー・コブ(今年逝去)、60年代カルテットのウェイン・ショーター(サックス)、ハービー・ハンコック(ピアノ)、ロン・カーター(ベース)らが本人の口からマイルスのエピソードを語るシーンはテンションが上がりました。あと彼らも含めて皆マイルスのセリフを言う時は彼の声色を声帯模写して物真似っぽく語るのは何だか微笑ましかったです。ちなみにそのハスキーな声になったエピソードも劇中で語られていましたね。

 常に開明的であり、古い伝統よりも新しい音楽に刺激を受け、興味を持ったジャンルの音楽に積極的に挑戦する…という彼の芸風には賛否両論あるでしょうが、最後まで守りに入らず、死の間際までミュージシャンとしてそのスタンスを貫いたのはなかなか真似できない格好良い生き方。前述の通り一見さんお断りな内容では決してないので、マイルス・デイヴィスという人間に興味を少しでも持っている方には是非鑑賞してもらいたい映画でした。

 なお、上記ミュージシャン達のコメントトラックを含む映画のサントラも公開に先行して今年の2月に発売されたとのことです。

2020年04月05日 17:56

kaninthebook 2020年2月29日、シンコーミュージックより刊行、KANの2冊目となるアーティストブック。

 初のアーティストブック「ぼけつバリほり」が1992年の3月に発売されて以来、KANにとっては実に28年振りの書籍媒体となる本作。B5判サイズで約200頁の中身は、彼と長らく関わり続けているライター・森田恭子が聞き手を務める「年代別ロングインタビュー」、KANのファンを公言するaikoとのインタビュー形式での対談、KANがメンバーの一員でもあるホスキモメンバー(根本要、スキマスイッチ、秦基博)によるKAN抜きの座談会、更に90年代からの交流があるMr.Childrenの桜井和寿への単独インタビュー、加えて各アーティストからのKANへのアンケートの回答、最後に1987年のデビューから2020年現在までの33年間の活動年表が掲載、という構成になっています。

 ファンとして一番興味があるのはやはり「年代別ロングインタビュー」。こちらはシングル出してアルバム出してライブやって…といういわゆる一般的なアーティスト活動のルーティーンだった「1987-2001」、パリに移住した時期の「2002-2004」、日本に帰国して以降の「2005-2020」と、年代を3つに区切って章立てしており、その時々にリリースした楽曲やアルバムタイトル、ライブツアーの名前を出しながらさらっと振り返っていく体でインタビューが続きます。フランス移住の経緯など、活字媒体ではあまり喋ってこなかった(と思う)ことも結構語られていて、なんだか読むとフランスに移住する直前辺りは本当にギリギリの精神状況での制作だったみたいなのですが、フランス在住時代を経て、現在はイベントライブや自主企画を軸に、忙しくはあるけれども楽しくやっているようなのでファンとしてはひと安心(?)。

 インタビュー以外で特に面白かったのはやはりaikoとの対談。お互いミュージシャン同士ということもあり、KANの作るラブソングの内容に関してのaikoの鋭い読みとKANのそれに対する返しのやり取りが興味深かったです(笑)。また上述しましたがaikoは古くからのKANの大ファンで、楽曲のみならず、いわゆるアイドル的に好きだったらしく、そう言われると90年代の彼のライブ映像を観てると結構黄色い声も飛んでたし、あの頃のKANの女性ファンの中にはaikoみたいな視点で夢中になっていた方々もいたんだろうなぁ…というのを改めて認識しました。

 全体的にはテキスト多めで写真はそこそこ、各アーティストへのアンケート部分は「〇〇ぴあ」みたいな感じ。アー写で使用されたものやライブ写真などはカラーで掲載されていますが、基本的にフランス帰国後のもので統一されているので、若い頃の秘蔵写真などを期待した人には残念かも。欲を言えば、「ぼけつ〜」ではあった各アルバム毎の全曲セルフライナーノーツがあればとか、それが無理なら簡略化された活動年表をもっと深く掘り下げて…など、色々あるのですが、それらは次の機会(があれば)にでも期待しましょう。まずはインタビューで公言していた「2020年にはアルバムを出す宣言」を是非実行してもらいたいと思います(笑)。

2019年09月23日 16:41

 10月からの消費税増税前に、かねてから気になっていたBluetoothイヤホンを購入。
 二週間ほど使用してみました。その感想です。続きを読む

2017年12月30日 19:13

 本ブログ恒例の年間アルバムTOP10の発表です。
 今年は「2017年にブログでレビューしたアルバム」の中から10傑を選びました。
 ですので、基本的には2017年のアルバムが対象になりますが、2016年にリリースされたアルバムで今年になってレビューを公開したものは何月にリリースされたものであってもランキングの対象となります。
 では、10位から1位までをカウントダウン形式でご紹介。「続きを読む」からの公開です。続きを読む

2017年02月11日 17:47

zardcollection 2017年2月8日発売、アシェット・コレクション・ジャパンより全52号の予定で隔週にて刊行される、ZARDのパートワークコレクションの創刊号。公式サイトはこちら。創刊号は特別価格990円(税込)でCDとDVDが付属。次号以降はCD付属で1,590円(税込)、39号以降はDVD付属で1,990円(税込)という価格設定で販売されるようです。

 昨年秋に一部地域の書店などで試験的に第4号まで刊行され、今回全国発売に至ったという経緯を持つ本書籍。創刊号は価格も安いし試しにチェックしてみるか…ということで購入。少し厚めのダンボール紙に包まれた中身は、全26頁のオールカラーの冊子、CD「永遠のスタンダードナンバー」(8曲入り)、DVD「ZARD Biography Movie」の3点。冊子の半分は本パートワークのシリーズガイドや定期購読の案内と綴じ込みの申込用紙で占められていて、さすが創刊号という感じ。残り半分はCDに収録された「負けないで」「あの微笑みを忘れないで」「I'm in Love」「Stray Love」の歌詞と楽曲紹介、ファンクラブ会報からの抜粋インタビュー、そしてプロデューサー長戸大幸のコメントによる「My Memory -私とZARD-」などで構成。まあページ数もページ数だし、ちょっと時間があれば読めてしまうような分量の小冊子(サイズは大きいですが)といった趣。こんな話知らなかった!という情報も特に無かったような…。

 付属のCDは最新リマスタリングだそうですが、初CD化となったのは「あの微笑みを忘れないで」カラオケのみで目新しさは無し。一方のDVDは、約30分でZARDの25年間の活動を振り返るヒストリームービー。全シングル曲、一部アルバム曲のサビの半分ぐらいがMVやライブ映像と共に時系列順に流れ、各年ごとのリリースやライブ活動などが簡易的にスクロールで紹介される映像となっており、昨年の25周年ベストの特典映像辺りに使っても良かったのではないか、と思うぐらいの結構充実した内容。これで990円の元は取れたかな、と思いました(笑)。

 次号以降はあくまでライト層向けの内容になりそうで、高額BOX限定の曲でもCDに収録されれば買ってしまうかもしれませんが、今のところは引き続きの購入予定はなし。全部集めると総額9万近く、隔週刊で全52号なので最終巻は再来年の今頃…ということで、なかなかハードルの高いパートワークではありますが、無事に完走を果たしてもらえるように祈りたいと思います。

2016年12月30日 13:49

 本ブログで紹介してきたCDアルバムの年間TOP10を発表する年末恒例企画。
 選定基準は「2015年末〜2016年にリリースされた作品」が対象です。
 例年同様にカウントダウン形式で簡単なコメントと共にご紹介。「続きを読む」からご閲覧ください。続きを読む

2015年12月30日 13:57

 年末恒例・本ブログでご紹介したアルバムの「年間ランキングTOP10」、今年も発表いたします。
 選定基準は例年通りの「2014年末〜2015年にリリースされた作品」が対象です。
 カウントダウン形式で簡単なコメントと共にご紹介。「続きを読む」からご閲覧ください。続きを読む

2015年10月04日 14:25

beginpia 2015年9月28日発売、デビュー25周年を記念して「ぴあMOOK」として刊行されたBEGINの特集書籍。

 主な構成は、25年間の活動を振り返る「LONG INTERVIEW」、デビュー日である今年の3月21日に石垣島で開催されたメモリアルコンサートの「ライブレポート」、BEGINの歴史を沖縄の歴史と共に年表で辿る「BEGIN HISTORY」、シングル・アルバムの「DISCOGRAPHY」、2001年から毎年BEGINがホストを務める「“うたの日コンサート”の軌跡」、元THE BOOMの宮沢和史らとの「Special Talk Session」、そして親交のあるミュージシャンやファンからの「お祝いメッセージ」といったところ。コンテンツはそれぞれ独立していますが、全体的にBEGINへのインタビューを基に記事を起こしてのテキストが多く、彼らの生の言葉を感じられる内容に。

 グランドイカ天キングとなり、予想外の速さでのデビューを果たして「恋しくて」が大ヒット、しかしその後は試行錯誤の時期が続いた90年代、「島人ぬ宝」など、地元である沖縄に密着した音楽を全面に出してブレイクした00年代、そして日本のみならずハワイ、ブラジルと、国境を越えて皆で楽しめる音楽を提唱し始めた10年代と、一括りにBEGIN25周年といっても様々な時代がありますが、今回のムックではメンバーは過去の話については「こんなこともあったね」といった触れ方にとどまり、むしろ今後の活動についての意欲的な発言が印象に残りました。筆者も「いい加減新しいオリジナルアルバム出してくれ!」と思ったりしているわけですが(苦笑)、各インタビューでも語られているように「日々の暮らしに溶け込む音楽」を常に目指し、「うたや踊りに携わる人たちが音楽をやり続ける“場所”を作る」という意欲がある限り、今後のBEGINも懐古的にならず、新たな要素を取り入れて活動をしていってくれるのではないかと期待が持てそうです。

 そして、筆者的にとても勉強になった(?)のは「DISCOGRAPHY」。一部ベスト盤を除く彼らの全アルバムを1枚ずつ、11頁という結構なスペースを割いて丁寧に解説しており、各アルバム作品毎に詳細な、楽曲への愛情を垣間見せつつ、決して崇拝的ではない客観的な視点でまとめられているレビューには感服いたしました。文責が書いていないのでどなたの文章なのかははっきりとしないのですが(この書籍に全面的に関わっているライターの方かも?)、私も本ブログで感想を書く身として、とても参考になりました。そんな私見とは別に(笑)、こうやってBEGINがリリースしてきた歴代の作品を一挙にレビューした書籍は今回が初めてではないかと思いますので、ついに出てくれたか…という感慨もひとしおですね。

 読み応え満載のインタビューやレビューが取り揃えられた「一冊まるごとBEGIN特集」。税込約1,500円ですがコストパフォーマンスに優れた、BEGINファン必読本ですね。今月末には待望のオリジナルニューアルバムの発売も決定。この本を読みながら発売を楽しみに待っていたいと思います。

2014年12月30日 10:51

 2014年もあとわずかということで、毎年恒例のアルバム年間私的ランキングTOP10の発表です。
 基準は例年通り、「CD Review」でご紹介してきました、「2013年末〜2014年に発売されたアルバム」が対象。ランキング発表は昨年同様、カウントダウン形式で簡単なコメントと共に発表いたします。
 「続きを読む」からご閲覧ください。続きを読む

2014年04月26日 22:02

tmpia 2014年4月21日発売、TM NETWORKのデビュー30周年記念日に「ぴあMOOK」として発売された、TM特集本。

 主なコンテンツは、メンバー三人が集っての「TM NETWORK座談会」、エピック・ソニー時代の彼らにとっての重要人物・丸山茂雄と小室哲哉の対談、TMのプロデュースを務めた小坂洋二や、TMと深く関わりを持った渡辺美里、小室みつ子、浅倉大介、葛城哲哉等への各インタビューなど、まさにTM一色。小室哲哉の「プロデューサー」としての軌跡や功績などを一冊に、という本は多々見かけますが、彼の原点であるTMの活動を総括したような書籍は実はほとんどといっていいほどなく、TMファンとしては今回ようやく発売されたな、といった気持ちです。上記の面子からも分かるように、1994年の「TMN終了」以前のエピソードが深く語られており、1999年以降の再開後の活動については軽く触れられているのみなのですが、個人的にはリアルタイムで体験していなかったデビュー〜ブレイク期の様子を関係者の言葉から知ることができて満足な内容になっていました。

 中でも目玉と言えるのは「小室哲哉によるTM全曲解説」。オリジナルアルバム単位で「RAINBOW RAINBOW」から「SPEEDWAY」までの全12枚を6時間を費やして小室が一曲ずつレビューしているという、お疲れ様な企画。歌詞の内容を熱く語ったり、製作当時の周辺の音楽流行などを解説したり、木根尚登作曲のとある作品は「あんまり覚えてないですね…」で済ませたり(←ひでぇ・笑)と、曲によって温度差がまちまちなのですが、彼らしいといえばらしいかも(苦笑)。他にオリジナルアルバムには未収録だった「Get Wild」を2ページを割いて解説しているのもポイントですが、他のアルバム未収録曲「DIVE INTO YOUR BODY」や「Nights of The Knife」などの節目のシングル曲もできればレビューして欲しかったところです。

 また、TMメンバーや関係者が直接登場しないページでも、読んでいてライターが熱心なTMファンだなぁ、と思えるような記事やコラムがちょくちょく登場するのが面白いところ。中でもTMのゆかりの地を探訪する「C'mon! TM NETWORK'S PILGRIMAGE」では、テキストの端々にTMの曲名や歌詞のフレーズを上手くはめ込んで文章化しており、ファンなら読んでいて吹き出すこと必至(笑)。TMだけでなく木根尚登のソロアルバムのタイトルもさりげなく使われているあたり、マニアも大喜びだと思います(私のことです・笑)。

 そんなこんなで充実な内容で、ファンなら買って損なし!な点は間違いないのですが、気になったのが誤植の多さ。読んでいて気づく誤字脱字はともかく、ぴあ公式にも掲載されているように、全曲レビューの抜け落ちや、ライブ開催日の掲載漏れ、ジャケット写真の間違いなど、せっかくの記念本なのにチェックミスが多かったのは残念です。今年の秋には同シリーズで小室のソロ活動やプロデュースワークにスポットを当てた「TK編」が刊行されるそうですが、今回のようなミスがないようにお願いしたいものです。

記事検索
Recent Comments
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Archives
Profile

SASA

  • ライブドアブログ