lifealbum 2008年2月13日発売。いきものがかりの2ndオリジナルアルバム。シングルタイトル曲「茜色の約束」「夏空グラフィティ」「青春ライン」「花は桜 君は美し」を含む全13曲収録。

 いきものがかりのアルバムをちゃんと聴いてみたのは今回が初めてだったのですが、親しみやすい歌詞とメロディ、キーボードを中心に据えた、(良い意味で)真っ直ぐでポップな音作りで全編を統一。90年代J-POPの王道路線を彷彿とさせます。さらにそこに00年代のセンスを加味してブラッシュアップすることで、新しい形の王道J-POPに仕上げている感じがしました。
 個人的には、ヴォーカル吉岡聖恵の歌声が一押し。女性ヴォーカルに関しては技巧に走るよりも、こういう伸びのいいストレート主体な歌唱法のほうが好きなのが筆者の嗜好ということもあるのですが、ポップなアレンジメントにぴったり寄り添った表現方法が好感でした。アルバム曲では「ソプラノ」「心一つあるがまま」(これはc/wですが)がお勧め。

 メンバーの水野、山下両氏も、ソングライティングの面では手腕を発揮しているのですが、担当楽器(二人ともギター)に関してはかなり控えめ・・・というか、ほとんど前面に出て来ず、アレンジ面では、サポートのリズム隊+キーボードの豪華演奏陣にかなり支えられている感があったのが気になりました。いきものがかり自体で編曲を担当している曲も1曲だけということで、その辺りは今後の課題ではないでしょうか。とはいえ、楽曲は魅力的な要素が多く、これからの将来性を感じさせるアルバムでした。