2020年10月03日 18:31

CD Review:WANDS「Secret Night 〜It’s My Treat〜 [WANDS 第5期 ver.]」

wandssn 2020年9月19日、iTunes、mora等の各ダウンロードサイトで配信開始された、第5期WANDSのデジタルシングル。

 昨年秋に19年振りの再始動を宣言したWANDS。メンバーチェンジ毎に「第〇期」と分類されている彼らですが、現在は第5期として、オリジナルメンバーの柴崎浩(G)、第2期から参加し、第3期ではリーダーも務めた木村真也(Key)、そして第4期より参加の上原大史(Vo)の三人で活動中。本作は来たる10月28日に通算6枚目のオリジナルアルバムとしてリリースされる「BURN THE SECRET」からの先行配信シングルとなっています。

 元々は1989年発表の栗林誠一郎の全英詞ナンバー「It's My Treat」を、1995年に当時のボーカル・上杉昇が日本語詞を付け、池田大介の編曲でカバーした、という立ち位置の作品。なので厳密には「カバーのセルフカバー」ということになります。再始動以降、これまでも第5期バージョンとして過去の楽曲をセルフカバーしてきた各楽曲よりも、今回はかなり原曲に忠実なリ・レコーディング仕様で、基本的に曲中の各パートのリフをほぼ完全に再現。ただし原曲では全くといって良いほど目立った出番がなかった木村もしっかりとAメロ、Bメロに間奏と、エレピ系の音で存在感を出していたり、上原のボーカルも上杉を意識した歌い回しの上で、上杉とは少し異なる艶っぽい色気(っていう表現も何か変ですが・笑)を醸し出しているなど、全くのコピーというわけではなく、現在の彼らのエッセンスを注入しているバージョンに仕立てられていて、熱心なファンほど細かい聴き比べが楽しいかも。

 既発シングル曲も含めたニューアルバムのティザー映像はこちら。21年振りのオリジナルアルバム、楽しみにしています。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索
Recent Comments
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Archives
Profile

SASA

  • ライブドアブログ