2020年11月

2020年11月28日 21:02

tokunaga15 今から遡ること19年前の2001年12月5日、当時デビュー15周年を迎えていた徳永英明がリリースした、5枚組全70曲収録のメモリアルCD-BOX「一期一会」を先日入手いたしました。現時点では中古市場のみの流通になっており、市場価格もそれほどレアではない金額で出回っているのですが、詳細な情報を公開しているサイトやブログなども特にない…ということで、今回の「CD Review Extra」は、本BOXのレビューを敢行。「続きを読む」からご閲覧ください。続きを読む

2020年11月22日 16:21

hirosesing 2019年11月27日発売、広瀬香美の通算8作目となるベストアルバム。DISC-1・2がベストアルバム、DISC-3が自身初のライブアルバムという構成のCD3枚組。LPサイズジャケットの中にCD3枚+ライブ写真掲載の歌詞ブックレットが封入されている仕様のみの限定生産商品で、通常盤の類のリリースは今回は無しという販売形態。

 同年初頭の前作ベストから1年も経たないうちに次のベストが早くも発売となりましたが、シングルコレクション的な2枚組+発売直後開催のツアーのセットリストをオリジナル音源メドレーで繋いだミックスCD1枚という3枚組だった前作から趣向を変え、今回はDISC-1・2に2020年明けのツアーで演奏される曲をオリジナル音源・フルサイズでセットリスト順に収録。事前に公式がツアー披露曲のネタバラシを商品化してまで大々的に行うというのも(しかも二作連続で)なかなか真似できない試みだと思います(発売発表時の本人のコメント付き記事はこちら)。なお、この中に新曲「冬はフェスティバル」も収録。この他は既存音源での収録となっています。

 セットリスト・選曲については序盤と終盤には「ロマンスの神様」「ゲレンデがとけるほど恋したい」「promise」等の定番ヒットシングルを配置する一方、その他に関しては現時点での最新オリジナルアルバム(といっても2012年)から4曲、2010年代にリリースされたコンセプトベストからの新曲(「Snow fall」)、セルフカバーアルバム内の新曲(「青い冬ハジマレ」)、前作ベストの新曲(「歌いたいわ」)を選曲するなど、最近の広瀬香美の楽曲を多く聴かせる構成で、結果的に2010年代以降の楽曲のベストセレクション(+ヒット曲)という趣で、なかなか新鮮味のある内容に感じられました。

 DISC-3は同年10月6日にブルーノート東京で開催された「AUTUMN TOUR 2019 "Vocal Unlimited vol.8"」のライブ音源をアンコールも含めて全10曲収録。編成は広瀬のボーカル・ピアノ+鳥山雄司のギターを基本に、曲によってはループを用いた即興の多重コーラス、パーカッシブな音を同期で流す、といったシンプルなもの。シングル曲が5曲と半数を占められている中、ももいろクローバーZに提供した「泣いちゃいそう冬」、TUBEに提供した「おかげサマー」のセルフカバーバージョンの披露は貴重音源では。ライブアルバムということで映像がないので、「DEAR...again」の時に客席から笑い声が断続的に起こるのは何故?とか、アンコールの「Tomorrow」はマイク無しの弾き語りパフォーマンスを音だけで聴いても何か微妙…など、映像があればなぁ…と思う曲も数曲ありますが、演奏がシンプルな分、90年代の楽曲に関してのオリジナルとこの時点でのパワフルになった歌唱法の比較も含め、際立つボーカルパフォーマンス力を体感できる好ライブ作品といったところ。

 近年の似たり寄ったりのベストの収録内容と比較すると一線を画すDISC-1・2、ヒット曲を中心にライブバージョンが楽しめるDISC-3と、ライトリスナーにも門戸を開いた作品…だと思うのですが、LPサイズジャケット「のみ」の形態ということもあってか、レンタルショップにもほぼ置かれない(筆者は都内の某レンタルチェーンで奇跡的に入荷されたので借りられました・笑)のが残念。ファンアイテムで終わらせておくには勿体ない内容だと思いました。

2020年11月15日 20:34

evangelionfinally 2020年10月7日発売、「新世紀エヴァンゲリオン」シリーズ及び「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」シリーズのボーカル楽曲のセレクションアルバム。全15曲収録。CDのみの通常盤、2021年1月23日に公開が決定した「新劇場版」完結編映画のムビチケカードが同梱バージョンの二種形態での発売ですがCD内容は同一。なお、どちらも期間限定盤と謳われています(いつまでの期間限定なのかは不明)。

 元々本作は2020年5月13日の発売を予定していたところ、4月に「CD商品制作上の都合により発売延期」とアナウンスされ、約5ヶ月間の延期を経てようやくリリースの運びに。ボーカルセレクションアルバムとしては過去に「エヴァ」放送開始10周年の際のベストアルバムが存在していましたが、今回は1995〜1997年のTVシリーズ+総集編・完結編映画(以下「旧シリーズ」)のみならず、2007年以降の新劇場版(以下「新シリーズ」)まで選曲対象範囲を広げており、このパターンでのセレクションCD発売はおそらく初の試みかと思われます。

 選曲は前半部分は旧シリーズの主題歌「残酷な天使のテーゼ」(高橋洋子)を筆頭に、「魂のルフラン」(同)、「THANATOS -IF I CAN'T BE YOURS-」(LOREN & MASH)、「Komm,susser Tod/甘き死よ、来たれ」(ARIANNE)とお馴染みのナンバーに加え、サントラに収録されていた「無限抱擁」「幸せは罪の匂い」(高橋洋子)もピックアップ。一方で新シリーズのほうは宇多田ヒカルの主題歌関係は一切未収録(今回はキングレコード主導の企画のようなので版権の都合?)で、劇中挿入歌として林原めぐみが歌唱した「今日の日はさようなら」「翼をください」が中盤に収録されるという斜め上を行く展開に。さらにラスト4曲は2014年末にリリースされた、既発の英詞曲やサントラ楽曲のメロディーに林原が歌詞をつけジャズベースのサウンドに乗せて歌う「THE WORLD! EVANGELION JAZZ NIGHT =THE TOKYO III JAZZ CLUB=」関連の楽曲がボーナストラック扱いで収録という、後半になるにつれてどんどんコアファン向けの内容になっていくのが特徴でしょうか。

 本作用の新規録音は2曲。どちらも高橋洋子の歌唱作品で、旧シリーズのエンディングテーマのオケを使用した「FLY ME TO THE MOON 2000」、新規アレンジの「心よ原始に戻れ 2020」。特に後者はゆっくりとしたテンポに落とし、原曲の面影も残さない完全に別モノのアレンジ作品に仕上がっていて驚きでした。CD全体のバランスとしては旧シリーズメイン+新シリーズおまけみたいな体裁になってしまっていたのが結構残念。最新のリマスターで旧シリーズの代表曲が聴きたい、という方は是非どうぞ。

 なお、封入特典として今回多くの楽曲を収録している高橋洋子、林原めぐみのそれぞれ4頁ずつのインタビューが掲載。楽曲参加に至る経緯や制作時の裏話などが結構深いところまで語られていて面白かったです。CD本体よりも資料的価値があったのはこの部分だったかも(笑)。

2020年11月08日 16:31

ukadantop 木村秀勝(→充揮・Vo&G)、内田勘太郎(G)、花岡憲二(→献治・Ba)、島田和夫(Dr)の4人で結成され1975年にレコードデビューを果たした日本のブルースバンド・憂歌団。現在も歌い継がれるコアなブルースを発表していた70年代のトリオレコード時代、歌謡色を強めた80年代のフォーライフ時代を経て、1993年からはワーナーミュージック・ジャパンに在籍。あまりスポットが当たらないこのワーナー期ですが、個人的にはこの時期がリアルタイムでの憂歌団体験だったので思い入れがあります。ということで、今回の「Artist Archive」は憂歌団がワーナー期に発表した単独名義の全アルバム+αをレビュー。「続きを読む」からご閲覧ください。続きを読む

2020年11月01日 15:40

azkatachi 2020年10月7日発売、シンガーソングライター・東野純直の通算21枚目(諸説ありますが一応公式サイトの枚数でカウント)となるニューシングル。全3曲収録。初回特典としてジャケットを縮小サイズにしたミニステッカーが封入。

 2010年代はリリースが停滞し消息不明な時期もあった彼でしたが、2018年から本格的に音楽活動を再開。同年8月にシングル、翌年4月にアルバムのリリースを経て、本作は約一年半ぶりの新作音源。2001年以降のインディーズでの活動はほぼ毎回発売元が異なるというワンショット状態だったのですが、活動再開以降はキングレコードに販売を受託するレーベル・Star Radio Recordsからの発売となっており本作も同様。エンジニア、ディレクターに関しても基本的にはここ数作と同じスタッフで制作された作品のようです。

 表題曲「明日のカタチ」は、CD帯によると前作「明日のシルシ」に続く「明日」三部作の第二弾とのこと。アレンジは安部潤が担当(テイチク期以来?)。楽曲はミディアムテンポのメッセージソングで、「突然の嵐みたいに壊されてる日常」「今この世界が試されてる」等、今年思いもよらない方向で世界を巻き込んだ新型コロナウィルスからの影響を感じずにはいられない言葉が並んでいますが、それでリスナーを上から諭そうとするわけではなく、聴き手の感情に任せる柔らかめな作風でなかなかの良曲。オケはプログラミングがメインで特に彼の代名詞であるピアノが活躍する訳ではありませんが、淡々とした中に力強さを感じさせ、曲想にマッチしていると感じました。

 カップリングは2曲。「Another day」は東野とThe LOVEの内田敏夫との共作アレンジでピアノロックにエレキギターを加えた熱量のある(ほぼ打ち込みのようですが)バンドサウンドで東芝EMI期を彷彿とさせる路線。「Love is all」は東野単独アレンジのラブソングで、1コーラス目はピアノ弾き語りでこのまま最後まで行くのか…と思いきや2コーラス目前でバンドインする王道展開バラード。今回は表題曲が強いのでこの2曲は若干印象が薄いものの、ピアノロック、バラードという彼の代名詞的な面を見せてみた、と言ったところでしょうか。

 なお、今回のスタッフクレジットにはレコーディングエンジニアの名前はあるものの参加ミュージシャンのクレジットはなし。ただし出演しているラジオ番組のアシスタントの原田朱がコーラスでの参加をtwitterで呟いていたり、「Another〜」ではエレキギターや生ベースらしき音(内田敏夫の演奏?)が聴こえたりと、東野一人で制作したわけではなさそう。その辺りの推測もしてみると楽しいものですが、CDメディアでの入手のポイントとしてはスタッフの詳細を知ることが個人的には重要なので、次作以降では是非情報公開をお願いしたいところです(笑)。

記事検索
Recent Comments
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Archives
Profile

SASA

  • ライブドアブログ