2020年10月

2020年10月18日 13:35

ishikawadenims 1990年9月25日にパイオニアLDCよりシングル「Spirits」でデビューした石川よしひろは今年でデビュー30周年。「二十歳の夜」「明日への卒業」「ENDLESS DREAM」等の代表曲を持つシンガーソングライターとしての音楽活動を軸に、オールナイトニッポンなどのラジオDJ、舞台音楽担当、そして役者としても幅広く活動を続ける彼ですが、ベストアルバムの類は意外と少なく、オリジナル音源を基調にしたベストは全3枚。今回の「CD Review Extra」では、その3枚のベストアルバムを1枚ずつレビュー。「続きを読む」よりご閲覧ください。続きを読む

2020年10月11日 18:16

gundambeyond 2020年6月24日発売、「機動戦士ガンダム」放送開始40周年を記念してリリースされたコンピレーションアルバム。完全生産限定盤はDISC1(全13曲)+DISC2(全8曲)+特典映像入りのBlu-ray+ブックレット、初回限定盤はDISC1、2の2枚組CD+ブックレット、通常盤はDISC1のみという形態での発売。なお、完全受注生産でDISC1の内容を2枚組にしたアナログ盤も同年9月8日に発売。本エントリーは通常盤のレビューとなります。

 元々は「機動戦士ガンダム」のキャラクターデザインを手掛けた安彦良和のコミック「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」のアニメ化として、2015年〜2018年にかけて劇場上映+OVAソフトとして発表された全6作品を、2019年4月よりNHK総合で全13話に再編集し、タイトルも「機動戦士ガンダム THE ORIGIN 前夜 赤い彗星」と改めてオンエア。その際に制作されたオープニング、エンディング全7曲を本作に一挙収録し、加えてガンダム40周年のテーマ曲、さらに本作用に制作された新たなカバーソングを5曲収録したという内容構成。ブックレットにはスタッフクレジットの一番上にSupervisorとして、LUNA SEAのギタリスト・SUGIZOの名前が冠されています。彼は「〜赤い彗星」の各主題歌や40周年のテーマ曲のプロデュースも担当しており、また今回追加のカバー曲に関してもアーティストの選考や選曲、曲によってはアレンジやマスタリングにも関わっているそうで、トータルではSUGIZOのガンダム系プロデュースの集大成的な作品と言えるのかも。

 LUNA SEAとしても「〜赤い彗星」のオープニング3曲(「宇宙の詩」「悲壮美」、カバーで「BEYOND THE TIME」)、そして40周年テーマソングの「BEYOND」を担当するなど、全体的にLUNA SEA色(?)が散りばめられた中、エンディングテーマにはアイナ・ジ・エンドコムアイmiwaといった女性シンガーを起用し、歴代ガンダム曲のカバーやオリジナルをアコースティックから打ち込みも取り入れたバンドサウンドまである程度の幅で味付け。新作カバーも含めて様々なアーティストを起用していることもあり、同じガンダムソングカバー系でもこちらとはまたひと味違ったバラエティに富んだ楽曲が楽しめます。中でも原曲を現代的な音色で再現したSUGIZO feat. GLIM SPANKY名義の「めぐりあい」や、SUGIZO自身がインストでカバーした「ビギニング」などが出色。個人的にはOAUによって「機動新世紀ガンダムX」のエンディングだった英詞バラード「HUMAN TOUCH」がカバーされたのにはガンダムXファンとして大変感激しました(正直あまり人気のある作品ではないので…)。

 なお、完全生産限定盤ならびに初回限定盤に付属のDISC2は「〜THE ORIGIN」の劇場公開/OVA発売時の主題歌6曲と挿入歌2曲を収録した「OVA『機動戦士ガンダムTHE ORIGIN』SONGベストCD」。こちらには柴咲コウ山崎まさよしなどの結構意外な(?)アーティストも参加しています。21世紀以降のシリーズでリリースされている各作品のコンプリートベストに類するコンセプトのディスクで、配信のみや限定販売だった曲もあるようで、主題歌系を一気に揃えたいガンダムファンには絶好のコンピレーション。ライトに楽しむなら通常盤を、ディープに楽しむならそれ以外を、といったところでしょうか。

2020年10月03日 18:31

wandssn 2020年9月19日、iTunes、mora等の各ダウンロードサイトで配信開始された、第5期WANDSのデジタルシングル。

 昨年秋に19年振りの再始動を宣言したWANDS。メンバーチェンジ毎に「第〇期」と分類されている彼らですが、現在は第5期として、オリジナルメンバーの柴崎浩(G)、第2期から参加し、第3期ではリーダーも務めた木村真也(Key)、そして第4期より参加の上原大史(Vo)の三人で活動中。本作は来たる10月28日に通算6枚目のオリジナルアルバムとしてリリースされる「BURN THE SECRET」からの先行配信シングルとなっています。

 元々は1989年発表の栗林誠一郎の全英詞ナンバー「It's My Treat」を、1995年に当時のボーカル・上杉昇が日本語詞を付け、池田大介の編曲でカバーした、という立ち位置の作品。なので厳密には「カバーのセルフカバー」ということになります。再始動以降、これまでも第5期バージョンとして過去の楽曲をセルフカバーしてきた各楽曲よりも、今回はかなり原曲に忠実なリ・レコーディング仕様で、基本的に曲中の各パートのリフをほぼ完全に再現。ただし原曲では全くといって良いほど目立った出番がなかった木村もしっかりとAメロ、Bメロに間奏と、エレピ系の音で存在感を出していたり、上原のボーカルも上杉を意識した歌い回しの上で、上杉とは少し異なる艶っぽい色気(っていう表現も何か変ですが・笑)を醸し出しているなど、全くのコピーというわけではなく、現在の彼らのエッセンスを注入しているバージョンに仕立てられていて、熱心なファンほど細かい聴き比べが楽しいかも。

 既発シングル曲も含めたニューアルバムのティザー映像はこちら。21年振りのオリジナルアルバム、楽しみにしています。

記事検索
Recent Comments
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Archives
Profile

SASA

  • ライブドアブログ