2020年05月

2020年05月30日 17:03

hata6th 2019年12月11日発売、秦基博の通算6枚目となるオリジナルアルバム。配信シングル「花」「仰げば青空」、フィジカルシングル「Raspberry Lover」を含む全13曲収録。初回限定盤にはライブ映像とMVが収録されたDVDが同梱。また、ファンクラブ会員限定盤としてボックス仕様+特典有の完全受注生産盤も存在。本エントリーは通常盤のレビューとなります。

 デビューから数年間はサウンドプロデューサーに編曲作業を全面委託していた秦基博。次第に自身もアレンジ関連に携わるようになり、前作ではついにセルフプロデュース、ほぼ全ての楽曲を単独編曲するまでになりましたが、4年振りのオリジナルアルバムとなる本作では全13曲中11曲がトオミヨウ(秦と同学年)との共同サウンドプロデュース名義(残り2曲は秦単独)。かつては自分よりも年上で既に実績のあるサウンドプロデューサーを招いていた彼が、同学年の世代とタッグを組むというのは今までになかった形だと思います。また、シングル関連以外でもタイアップのついていた「Joan」「在る」、そして本作のリード曲的な「9inch Space Ship」は発売に先駆けて先行配信がされるなど、時流に合わせたプロモーションを行ってのリリースとなりました。

 本作の構成は冒頭1曲目と8曲目にそれぞれ「天動説」「地動説」という短いインストを配置し、既発の各シングル曲や先行配信曲を万遍なく並べた形。特にインストを境に音楽性がガラリと変わる…ということもなく、秦の歌と爪弾くアコギの演奏を中心に据えたいつも通りの楽曲スタイルという安定感のある内容。強いて挙げるならば、前半はしっとりとした「LOVE LETTER」「アース・コレクション」などの打ち込み主体+必要に応じてリズム隊などの生楽器が入る曲がやや多め、後半は「9inch〜」や「Rainsongs」といったバンド演奏を前提とした生楽器全面参加形態による曲がメインという違いぐらいでしょうか。
 ただ、アレンジ面では従来よりも楽器が鳴っていてもバンド感が後退したな…という曲が全体的に見受けられました。例えばアッパーな曲調でもうちょっとガツンとバンドサウンドが前に来て欲しい曲、バラード系ではアコギ以外の音の存在感がやけに薄い曲…などがチラホラ。秦の歌声をこれまでより前面に出すという試みなのかもしれませんが、聴いていて彼のボーカルを引き立てる背景の部分にもう一押し欲しいな、という感想を抱いてしまったのが正直なところ。

 10周年のオールタイムベスト以降からリリース活動が停滞し、長い間待たされた後での新曲満載のオリジナルアルバムがようやく完成、ということで待望の1枚であったのですが、微妙な喩えをすると「懐石料理を食べようとして席に着いたら、精進料理が出てきた」と言いますか。同じ和食系統なので期待していたのと違う!というほどではないのですが、これはこれでいいんだけどこれまでのアルバムに比べると物足りない部分もいくつか散見されたアルバムでした。

2020年05月24日 12:00

tmgffm 来月6月28日に、CSチャンネルの日テレプラスにて、2012〜2015年にかけて行われたTM NETWORKのライブ全5作品を一挙に放送するとのこと。なかなか楽しみな一日になりそうです。さて、TM35周年記念ベスト「Gift from Fanks」全曲レビューも今回で遂にラスト。最終回は「M」盤のDISC 3の全11曲をご紹介。「続きを読む」からご閲覧ください。続きを読む

2020年05月17日 12:43

ggundam5 久々更新の「今週の1枚」は、これまた久々(でもないか?)のアニメ作品モノ。90年代中盤に制作されたガンダムシリーズの一つ、「機動武闘伝Gガンダム」の関連CD「GUNDAM FIGHT-ROUND 5」をご紹介いたします。

 1979年に第一作「機動戦士ガンダム」を放送開始以降、基本的にはテレビシリーズ作品においては原作者であり総監督の富野由悠季(と、制作会社のサンライズ)が携わり、「宇宙世紀」を舞台に物語が展開されていたのが90年代中盤までのガンダムシリーズであったのですが、本作「機動武闘伝Gガンダム」(以下「Gガン」と表記)の総監督には80年代末に「ミスター味っ子」の監督を務めた経験のある今川泰宏が富野氏の推挙で就任。非富野系では初のテレビシリーズでのガンダム作品、物語もそれまでとは設定がガラリと異なる「未来世紀」を舞台とし、ガンダムシリーズ上では大きな転換点となった一作でした。
 大まかな話の流れとしては「四年に一度、世界の覇権を巡って開催される各国代表のガンダム同士の武術大会(=ガンダムファイト)」を縦軸に、主人公ドモン・カッシュと因縁のある「デビルガンダムの追跡」を横軸にし、1994年の4月から翌年3月末までの一年間にわたってオンエア。この時点で既にブランドと化していた「ガンダム」への斬新な角度からのアプローチは当時賛否両論を招いたようですが、今川監督の癖のある演出や魅力的な各キャラクター、そして熱い展開を見せるストーリーによって新規のファンも多く獲得、関連商品の売り上げも上々で、その後に繋がるアナザーガンダムシリーズの処女作として評価を受けた作品となりました。

 本CDは、そんな「Gガン」関連CDアルバムのラストを飾り、最終話直前の1995年3月24日に発売。それまでのCD作品はサウンドトラックやドラマ編などでしたが、今回は主人公やヒロイン、各国の主要ライバルキャラの総勢9名が一堂に会したキャラクターソングCD+α。担当声優がボーカルを担当するキャラソンCDは80年代の頃から既にあり、発売元のキングレコードのアニメ専門スターチャイルドレーベルもキャラソンに関してはお家芸(?)的な貫禄がありましたが、ガンダムシリーズにおいてはここまで各キャラクターをフィーチャリングしたボーカルCDは作られていなかったはずで、ここでも新機軸を試そうとする制作陣の心意気を感じます。
 キャラクターソングは全部で11曲。基本的には主人公以外は1人1曲で、総じて歌詞もサウンドも物凄くベタ!(褒めてます・笑)。要するにアニメ本編で描かれた各キャラの特徴や生き様などをそのまんま描いた曲ばかりで、以前に同カテゴリーで紹介したこの作品にも相通じるものがありますが、これはこのアニメ本編自体がそういうノリ(例:ネオオランダ代表のガンダムが風車背負っている・等)なので、全く問題なし。曲調は如何にも90年代中盤のノリのポップソング「GET THE WIN」から、ド演歌「男道、獣道/マスターアジアの恨み節」、アイドルチックな「アレンビーの初恋」、実に渋い「ゲルマンブルース」、そして「Gガン」の世界観を象徴するような「戦闘男児〜鍛えよ勝つために〜」「勝利者達の挽歌」など多彩。各声優陣のボーカルレベルも総じて安定しており、中でも主役のドモンを演じた関智一、そして彼を作中で導いたシュバルツ・ブルーダーを演じた堀秀行の両者は抜群の歌唱力。欲を言えばキャスト全員で1曲歌う曲なんかもあったら…とも思いましたが、まあそれは贅沢というものでしょう。

 なお、キャラソン11曲以外には鵜島仁文が歌う後期オープニングの英訳詞バージョン「I'LL TRUST YOU FOREVER」や、劇中音楽担当の田中公平の手による主題歌のインストアレンジバージョンなども収録された、「Gガンの総まとめ」的な内容。発売時期からして、これまでこの作品に付き合ってくれた、楽しんでくれたファンへ向けた最終回への前夜祭といったところでしょうか。
 キャラソン収録のCDは次作以降のガンダムシリーズでもスタンダードなものとなり、00年代の作品になるとキャラクター別のマキシCDなども多数リリースされるようになるなど、本編のみならず歴代ガンダムシリーズの音楽史的にも後から振り返るとエポックメイキング的な立ち位置で実績を残した「機動武闘伝Gガンダム」。既に21世紀に突入し20年、年号も変わりましたが、時代が移ろっても記憶に残る、ワンアンドオンリーのガンダム作品(まあ模倣しようがない強烈な作風ですし・笑)の総決算として、「Gガン」ファンには是非聴いていただきたい1枚です。

2020年05月10日 15:28

tmgffm 今週は特に大きな話題もありませんが、SONYのTM35周年記念サイトにて、当初は4月24日までの限定公開だったウェブラジオが公開期間を5月24日の23時59分までに延長している模様。あと二週間ぐらいですが未聴の方はどうぞ。さて今回の「Gift from Fanks M」全曲レビューは、DISC 2の全11曲。「続きを読む」からご閲覧ください。続きを読む

2020年05月03日 18:13

deennightcruisin 2020年3月25日発売、昨年夏に行われたDEENのビルボードライブを全曲収録したライブ映像作品。初回生産限定盤はBlu-ray+ライブ音源を抜粋したCDが付属。通常盤はDVDのみ(映像収録内容は同一)。本レビューは通常盤のものとなります。

 かつて2002〜2004年の間にDEEN's AORとして展開しリリースされた3枚のオリジナルアルバムからのナンバーをメインに、各ステージ10曲程度の楽曲を演奏する「AOR NIGHT CRUISIN'」シリーズ。2012年のスタート以降、数年に1回程度のペースでの公演が続き、2019年7〜8月には東京・大阪・愛知にて第4回目(4th Groove)を開催。過去の開催ではシングルやアルバムの初回特典ディスクという形でCD音源やDVD映像としてリリースされていましたが、今回はシリーズ初の単独タイトルでの映像作品として、7月27日のBillboard Live TOKYOでの夕方からの1st、夜からの2ndステージの両公演を、各ステージ1時間程度の尺で全曲完全収録。カットされている部分もあるとは思いますが、曲間のMCも随所に残され、自然な形での2ステージを1枚で観ることができるようになっています。

 今回は初の試みとして、1st、2ndステージの演目が完全に異なる内容。この日は1stが「AOR NIGHT」、2ndが「NEWJOURNEY NIGHT」と冠されています。まず「AOR NIGHT」、これはDEEN's AOR楽曲を中心に披露していく従来通りの内容。さすがに4回目となると既にこのシリーズで披露済みの曲も多く、初映像化となった「雨上がりの空、この道を行こう」以外は結構定番だな…という感じで、DEENの二人以外の演奏メンバーが変わった以外は特に目新しい面はなし。
 一方の「NEWJOURNEY NIGHT」は、この年に発売されたニューアルバム「NEWJOURNEY」の実質レコ発ライブとなっており、中盤のソロコーナーでのカバーを除けば完全な新曲として初披露の曲が多く、この年の始めのライブツアーも合わせると本アルバムからの新曲は全曲ライブ映像化されたという快挙(?)を達成。特に終盤での熱唱バラード「五番街のセレナーデ」、ラストの大団円的な「VIVA LA CARNIVAL」はかなりライブ映えのする曲だと実感したので、これっきりの披露ではなく、後のライブツアーなどでもまた演奏して欲しい、と思いました。

 今回のサポートメンバーは池森・山根体制になってからの三人(侑音・石田純・矢野顕太郎)に加え、同じEPICレーベルのシンガーソングライター・ダイスケ(「Aloha」のレコーディングにもゲスト参加経験有り)をスペシャルゲスト枠のアコースティックギター担当として招いた六人編成。普段とは別のリズム隊や外国人ミュージシャンを起用した過去のビルボードライブとは異なり、現在のLIVE-JOYの延長+α的な演奏陣ではありますが、ギタリストがステージに二人いて役割分担をしながら演奏している、というのは見映えのみならず、一部オケも使用してはいますが、LIVE-JOYよりも生演奏の比率が上がってアンサンブル面でも聴きごたえあり…と、通常ライブとはまた違う楽しみどころのあったライブ作品でした。

記事検索
Recent Comments
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Archives
Profile

SASA

  • ライブドアブログ