一進一退days -J-POP Archives-

since:2008/1/2 J-POPの今昔レビューを中心としたブログです。

一進一退days -J-POP Archives- イメージ画像

2008年01月

 2007年12月5日発売。タイトル通り、アルペンのCMソングとして使用された広瀬香美の曲を一枚にコンパイルしたベストアルバム。  1曲目の「ロマンスの神様」が1993-1994シーズン・・・もう15年前の曲なんですね。まあ私もその頃は中学生だったし、年取るわけです(笑)。
『CD Review:広瀬香美「Alpen Best」』の画像

 アコースティックギタリスト、押尾コータロー氏のニューアルバム。2008年1月1日発売。  収録曲14曲がほぼアコギのみというシンプルな演奏。曲調には幅があって、耳当たりの良い曲からノリの良い曲、力強い曲まで様々なアプローチでギターを弾きこなしている印象ですが
『CD Review:押尾コータロー「Nature Spirit」』の画像

 管理人の1998年から2007年までに行ったライブの簡単な感想を書いた「LIVE LOG 2007←1998」をアップしました。  左のメニューの「Other Contents」の中に置いてあるのがそれです。よろしければご覧ください。なんかライブがバンド関係に偏りまくっているのが自分でも気に

 今週はB'zの5枚目のオリジナルアルバム「IN THE LIFE」をご紹介。  1991年11月27日発売。今年結成20周年を迎える彼らにとってデビュー4年目の作品。もう既に「初期」の作品にあたるのかもしれません。  今でこそハードロックユニットとして一般的には認識されてい
『今週の1枚(4)「IN THE LIFE/B'z」』の画像

 2007年12月5日発売、TM NETWORKの3年7ヶ月ぶりのニューアルバム。  タイトルの「SPEEDWAY」とは、TMの三人が過去に所属していたグループの名前。常に変化と進化を続けていたTMが、今作では原点回帰を狙ったのか、TM結成直前(だったかな?)の1983年当時の匂いを出す
『CD Review:TM NETWORK「SPEEDWAY」』の画像

 2007年8月1日発売。デビューからの全シングルと、タイアップ曲、提供曲を1枚に詰め込んだスキマスイッチ初のベストアルバム。  年数を追う曲順になっているものの、デビュー作「view」からプロデュースが本人名義なので、聴いていても作風に変化はあまりない(初期の
『CD Review:スキマスイッチ「グレイテスト・ヒッツ」』の画像

 今週の1枚は、2004年9月22日ユニバーサルミュージックより発売のcuneの3rdアルバム。  メジャーデビュー以来、佐久間正英、亀田誠治といった大物プロデューサー達によって手がけられた1st、2ndアルバムから一転、今作はメンバーによる初のセルフプロデュース作品。
『今週の1枚(3)「明日の風/cune」』の画像

 2007年12月販売開始、1999年発売VHSのDVD化。KANのバンドライブ「TOUR'99 KLEKREMAN」を開演から終演までノーカットで完全収録したDVD。  「KANのライブは面白い!」と聞いてどれどれと観てみた1枚(笑)。前半〜中盤ぐらいまでは小ギャグを含みつつ基本的には真面目
『DVD Review:KAN「UNCUTTABLE 129min.」』の画像

 2007年12月19日発売。DEENのコンセプトマキシシングルを再編集した2枚組ベストアルバム。  2年前にもセルフカバーベストを出したDEENですが、前回は完全新録音、今回は既発音源をコンパイルしたベストということで、曲によってはNew Mixがされていたりするものの、わ
『CD Review:DEEN「DEEN The Best クラシックス」』の画像

 2007年12月19日発売、コブクロの通算6枚目となるオリジナルアルバム。初回限定盤にはインタビューやPV、ライブ映像が収録されたDVDが付属。  シングルで「蕾」や「蒼く 優しく」が先行として出ていたので、バラード中心のアルバムになるのかな?と思っていましたが、ミ
『CD Review:コブクロ「5296」』の画像

↑このページのトップヘ