kensbar2 2009年5月27日発売。平井堅のコンセプトカバーアルバム第2弾。

 2003年末に発売された第1弾同様、アコースティックな音色を基調にしたゆったりとしたカバーナンバーで構成された1枚。
 選曲は、前作よりもスタンダード色が薄れ、特に邦楽・・・というか、J-POPに分類されるアーティストのカバーに関しては今作は平井堅の個人的趣向がやや前面に出てるかな、と思います。桑田佳祐はともかく楠瀬誠志郎や浜崎あゆみの曲が彼の歌声で聴けるとは・・・。

 歌声、と書いてみて思ったのですが、このアルバムでは近年の平井堅のオリジナル曲に見られる、「感情を込めまくった濃厚な歌唱」というのがほとんど見受けられず、洋邦含めて感情をやや抑えて歌い上げているように感じました。これはバーで歌うというコンセプトを受けてのものなのかもしれませんね。淡々と、というより切々と歌い上げる今回のヴォーカル、なかなかいい感じです。

 ・・・とは言いつつ、今作のハイライトは何といっても中島みゆきの「わかれうた」。草野正宗をゲストに招いて、平井堅と二人でコラボ(デュエット?)しているわけですが、この曲だけは他の曲よりもヴォーカルに強烈な情念を感じてしまってインパクトは随一(笑)。演奏も他の曲が霞んでしまうぐらい(言い過ぎか?)の完成度の高さです。必聴!!