一進一退days -J-POP Archives-

since:2008/1/2 J-POPの今昔レビューを中心としたブログです。

一進一退days -J-POP Archives- イメージ画像

更新情報

 2007年11月21日発売。結成15周年記念プロダクトのベストアルバム。全シングルを収録した1枚目、浅倉大介、貴水博之それぞれのベストセレクションを2、3枚目に収録した大ボリュームの3枚組。  浅倉大介がTMNのサポートをしていたこともあって、今も昔も「TMフォロワ
『CD Review:access「access best selection」』の画像

 惜しくも2006年秋に解散した、サムエルことSomething ELseの2ndオリジナルアルバム「ギターマン」(2000年3月8日発売)を今週はご紹介。  サムエルといえば、やはり「雷波少年」での合宿と、「ラストチャンス」の大ヒット。解散した今でも彼らを語るにこの2つは外せな
『今週の1枚(6)「ギターマン/Something ELse」』の画像

 日々の音楽ニュースなどはこのカテゴリーでしれっと(笑)書いていこうと思います。  スキマスイッチ、2008年4月2日に初のライブベストアルバム発売  一週間ほど前の話題になりますが(汗)、去年のアリーナツアーからのベストテイクを編集した2枚組ライブアルバ

 2008年1月16日発売。Bank Bandの2ndアルバム。ちなみに前作は未聴。  小林武史がプロデュース、櫻井和寿がヴォーカルを務めるバンドのカヴァーアルバムということもあり、「ミスチルがカヴァーアルバム出すような感じかな?」と思って聴きはじめましたが、聴いてみると
『CD Review:Bank Band「沿志奏逢2」』の画像

 今日は一日中雪が降って家に引き篭もり。  そんな時こそ(?)ライブレポート、ということで、今年行ったライブレポートは、このカテゴリーで書いてみようと思います。  第1回目の今回は、1月20日に行われたGOING UNDER GROUNDのツアー。  彼らのライブに行くのは

 2月最初の「今週の1枚」。今週はMr.Childrenがデビュー10周年にあたる2002年5月10日に発売した、「IT'S A WONDERFUL WORLD」をご紹介。  いきなり本作の話から脱線しますが、このアルバムが出る前の1〜2年間、ミスチルファンとして筆者はこの時期、ちょっと彼らの
『今週の1枚(5)「IT'S A WONDERFUL WORLD/Mr.Children」』の画像

 2007年12月5日発売。タイトル通り、アルペンのCMソングとして使用された広瀬香美の曲を一枚にコンパイルしたベストアルバム。  1曲目の「ロマンスの神様」が1993-1994シーズン・・・もう15年前の曲なんですね。まあ私もその頃は中学生だったし、年取るわけです(笑)。
『CD Review:広瀬香美「Alpen Best」』の画像

 アコースティックギタリスト、押尾コータロー氏のニューアルバム。2008年1月1日発売。  収録曲14曲がほぼアコギのみというシンプルな演奏。曲調には幅があって、耳当たりの良い曲からノリの良い曲、力強い曲まで様々なアプローチでギターを弾きこなしている印象ですが
『CD Review:押尾コータロー「Nature Spirit」』の画像

 管理人の1998年から2007年までに行ったライブの簡単な感想を書いた「LIVE LOG 2007←1998」をアップしました。  左のメニューの「Other Contents」の中に置いてあるのがそれです。よろしければご覧ください。なんかライブがバンド関係に偏りまくっているのが自分でも気に

 今週はB'zの5枚目のオリジナルアルバム「IN THE LIFE」をご紹介。  1991年11月27日発売。今年結成20周年を迎える彼らにとってデビュー4年目の作品。もう既に「初期」の作品にあたるのかもしれません。  今でこそハードロックユニットとして一般的には認識されてい
『今週の1枚(4)「IN THE LIFE/B'z」』の画像

 2007年12月5日発売、TM NETWORKの3年7ヶ月ぶりのニューアルバム。  タイトルの「SPEEDWAY」とは、TMの三人が過去に所属していたグループの名前。常に変化と進化を続けていたTMが、今作では原点回帰を狙ったのか、TM結成直前(だったかな?)の1983年当時の匂いを出す
『CD Review:TM NETWORK「SPEEDWAY」』の画像

 2007年8月1日発売。デビューからの全シングルと、タイアップ曲、提供曲を1枚に詰め込んだスキマスイッチ初のベストアルバム。  年数を追う曲順になっているものの、デビュー作「view」からプロデュースが本人名義なので、聴いていても作風に変化はあまりない(初期の
『CD Review:スキマスイッチ「グレイテスト・ヒッツ」』の画像

↑このページのトップヘ