一進一退days -J-POP Archives-

since:2008/1/2 J-POPの今昔レビューを中心としたブログです。

一進一退days -J-POP Archives- イメージ画像

更新情報

 2008年4月2日発売。スキマスイッチ初のライブアルバム。  去年のベストアルバム「グレイテスト・ヒッツ」を引っさげてのアリーナライブツアー「W-ARENA」の全8公演(追加公演除く)の中からベストテイクをピックアップして、セットリスト順に編集したという意匠を凝ら
『CD Review:スキマスイッチ「ARENA TOUR'07 “W-ARENA”」』の画像

 今週の1枚は、1998年6月20日発売の斎藤誠のアルバム「Number.9」。ちなみにこのCDジャケットの写真はご存知、俳優・柄本明氏であり、本人ではありません(笑)。なぜこのジャケット?!  近年、サザンオールスターズや桑田佳祐のサポート(帽子かぶってギター弾いて
『今週の1枚(17)「Number.9/斎藤誠」』の画像

デビュー20周年を迎えたB'zが、ベストアルバムを6月と9月にリリース。  6月18日にシングルタイトル中心の「ULTRA Pleasure」、9月17日にインターネット投票による選曲の「ULTRA Treasure」をリリースするそうです。  20周年ということで、それを記念するベストが出る

 2008年3月19日発売。「ぶらり途中下車の旅」のエンディングとして一年間流れたエンディングテーマ4曲に、新曲1曲をプラスした中西圭三久々のニューアルバム。  近年では「みんなのうた」に楽曲提供をしたりと、マルチに活動していたらしい圭三氏。オリジナルアルバム
『CD Review:中西圭三「I'm home」』の画像

 今週の1枚は、CHAGE&ASKA(当時の表記)の1996年4月22日発売のアルバム「CODE NAME.2 SISTER MOON」をピックアップ。このアルバム、ミニアルバムを含めると彼らの通算20枚目のオリジナルアルバムにあたるそうです。さすが15年活動を続けてきたのは伊達じゃない!といった
『今週の1枚(16)「CODE NAME.2 SISTER MOON/CHAGE&ASKA」』の画像

 2008年2月20日発売。タイトル通り、デビュー曲から最新シングルまでのタイトル曲を収録した、ブリグリことthe brilliant greenの初のベストアルバムです。  UKロックをベースとした音割れバンドサウンドに、川瀬智子のちょっと体温低そうな(?)ヴォーカルが乗ってい
『CD Review:the brilliant green「complete single collection '97-'08」』の画像

 2008年3月12日発売。2006年春の「アンジェラ」以来久々となる山崎まさよしのニューシングル。  テーマはサラリーマンの悲哀?(ドラマタイアップもあったみたいですし)近年は内省的な世界観の詞が多かった山崎まさよしですが、今回は結構分かりやすい詞。途中でコンバ
『CD Review:山崎まさよし「真夜中のBoon Boon」』の画像

 早いもので「今週の1枚」も15回目。今回は2000年7月26日発売のスピッツの9枚目のオリジナルアルバム「ハヤブサ」をご紹介いたします。  このアルバムが発売される年の前年の暮れ、メンバー非公認のベストアルバム「RECYCLE」のリリースを巡ってちょっとした騒ぎにな
『今週の1枚(15)「ハヤブサ/スピッツ」』の画像

 2008年4月9日発売、ZARDの44枚目のシングルは、坂井泉水が1993年にDEENに作詞提供した「翼を広げて」の初公開のセルフカヴァーと、ZARDのデビューシングルのカップリングだった「愛は暗闇の中で」のリアレンジバージョンを収録した両A面。  「翼を広げて」は、オリジ
『CD Review:ZARD「翼を広げて/愛は暗闇の中で」』の画像

 TM NETWORKが5月28日にシングルコレクションアルバムを発売するそうです。  え〜、正直、またベスト?って気が^^;  エピック時代のシングル集ということで、今回もレコード会社主導のベストであることは間違いなさそうですね・・・。  ちなみに、これまでのTMの

 4月最初の「今週の1枚」は比較的最近(といっても3年前か・・・)、2005年6月22日リリースの風味堂のアルバム、その名も「風味堂」をご紹介します。  去年は原由子とのユニット・ハラフウミを結成したり、ここ数年でドラマの主題歌やCMソングなどに起用され、結構お
『今週の1枚(14)「風味堂/風味堂」』の画像

 2008年3月12日発売。力強いピアノとストリングスの絡み合いが爽快な、aiko久々のアップテンポシングル。  歌詞は・・・切ないですね。この1曲全体の流れでひとつの起承転結のストーリーになっているのですが、音楽番組だと1コーラス+最後のサビで披露されていたので、
『CD Review:aiko「二人」』の画像

↑このページのトップヘ