一進一退days -J-POP Archives-

since:2008/1/2 J-POPの今昔レビューを中心としたブログです。

一進一退days -J-POP Archives- イメージ画像

更新情報

 週イチペースで新旧問わずにお薦めCDを紹介する…というコンセプトでスタートした「今週の1枚」。「週イチどころか月イチでも紹介してないじゃね〜か!!」と自己ツッコミしつつ(すみません)、実に4ヶ月ぶりにこのカテゴリーを更新してみたいと思います。第46回目を迎
『今週の1枚(46)「DELICATE PLANET/access」』の画像

 2009年11月4日発売。BMG JAPANが解散し、ARIOLA JAPAN(SONY内部レーベル)に移籍してのDEENの第1弾シングル。  タイトル曲「Negai」はシングルでは相当久々となるであろう失恋ソング。ドラマチックなサビメロと「逢いたい、逢えない〜」というフレーズが耳に残ります。
『CD Review:DEEN「Negai feat.ミズノマリ」』の画像

 2009年5月13日発売。3年ぶりに発売された山崎まさよしのオリジナルアルバム。シングル「真夜中のBoon Boon」「Heart of Winter」「春も嵐も」収録の全13曲。  前作「ADDRESS」あたりから、今までの内省的な世界観から一歩踏み出し、明るく元気良く(?)伸び伸びとした
『CD Review:山崎まさよし「IN MY HOUSE」』の画像

 2009年9月9日発売。一般販売では初となるKANのライブDVD。  2009年の春に行われたライブハウスツアーのZEPP TOKYO公演の模様をMCも含めてほぼ完全に(BEATLESのカヴァー曲以外)収録。ちなみに管理人は前年のツアーには参加できたのですが、今年は諸事情で行けず、そうい
『DVD Review:KAN「Band Live Tour 2009 じゃぁ、スイスの首都は?」』の画像

ご無沙汰しております。 長らく更新がされていないにも関わらず、当ブログに足を運んでいただいてくれる皆様、どうもありがとうございます。 さて、前回の記事で「パソコンがついに壊れた」という報告をしましたが、何とか自宅でネットが繋がる環境に復帰いたしました。

 2009年8月5日発売。コブクロ7枚目のオリジナルアルバム。  「時の足音」「赤い糸」「STAY」などなど、最近のコブクロの代表曲的な楽曲は壮大なバラードが主体だと感じる今日この頃。今回のオリジナルアルバムもそんな曲が満載・・・と思いきや、1曲目の「サヨナラHERO」が
『CD Review:コブクロ「CALLING」』の画像

いつの間にか8月も中旬になってしまいました。 もはや今更の感もありますが(汗)、今年上半期に聴いたアルバムの中で個人的なベストテンをピックアップしてみました。 あくまで「今年の上半期に聴いたアルバム」が対象。なので、去年末にリリースされている作品も含まれ

 2008年12月10日発売。通算13作目となるMr.Childrenのオリジナルアルバム。全14曲収録。  不思議なタイトルを冠するこのアルバムですが、「消費される音楽」を前向きに捉えたというメンバーの言葉通り、収録曲はどれも親しみやすいメロディー、歌詞、ポップロックなアレ
『CD Review:Mr.Children「SUPERMARKET FANTASY」』の画像

 2009年5月27日発売。平井堅のコンセプトカバーアルバム第2弾。  2003年末に発売された第1弾同様、アコースティックな音色を基調にしたゆったりとしたカバーナンバーで構成された1枚。  選曲は、前作よりもスタンダード色が薄れ、特に邦楽・・・というか、J-POPに分類
『CD Review:平井堅「Ken's Bar供廖戮硫菫

 今回で第45回目となる「今週の1枚」は、先月末に劇場公開が始まった新劇場版第2作「ヱヴァンゲリヲン・破」の公開に便乗・・・したわけではありませんが(?)、アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」のテレビシリーズのサウンドトラック第2弾として、1996年2月16日に発売され
『今週の1枚(45)「NEON GENESIS EVANGELION II」』の画像

 2009年3月18日発売。ピアノ+ベース+ドラムスによるスリーピースバンドの一年半ぶりのリリースとなる、タイトル通りの第4作目のオリジナルアルバム。全12曲収録。  森俊之プロデュースによる先行シングル「大切にするからね」以外の11曲は風味堂自身のプロデュース&
『CD Review:風味堂「風味堂4」』の画像

↑このページのトップヘ