2020年01月19日 17:47

sardunderground 2019年9月18日発売、SARD UNDERGROUNDのデビューアルバム。全14曲収録。

 ビーイングの長戸大幸プロデュースの元、ZARDのトリビュートアルバムがデビュー作となった彼女らの経緯はこちら。収録曲全曲がZARDのカバーで、「負けないで」「揺れる想い」「マイ フレンド」の三大ミリオン、「君がいない」「あの微笑みを忘れないで」「永遠」といった代表曲、FIELD OF VIEWに提供し自らもセルフカバーした「突然」「DAN DAN 心魅かれてく」など、ZARDの代表曲がこれでもかと1枚にギッシリ。なお、「きっと忘れない」の歌詞部分の1番と2番のAメロの内容が入れ替わっていますが、歌詞ブックレットの注釈によると第1稿の体裁はこうだったとのこと。ちなみにジャケットはZARDの7thアルバム「TODAY IS ANOTHER DAY」のジャケットを模したものになっています。

 さて、周知の通りZARDは実質坂井泉水のソロプロジェクトで、作編曲、演奏参加ミュージシャンは楽曲によってそれぞれ異なっていたわけですが、SARD UNDERGROUNDはボーカル、ギター、ベース、キーボードの四人が固定のバンド編成(楽器陣はコーラスも兼務のクレジット)。どんなバンド演奏でZARDをトリビュートしているのか…と思いきや、シンセのいかにもな電子音主体にキーボード、ギターソロ以外はほぼ存在感のないギター、特に目立つ出番のないベース、そしてバンドっぽさを感じさせない軽いドラムの音…と、これは以前同じアレンジャー(鶴澤夢人と長戸大幸のコンビ)で制作されたDAIGOのビーイングカバーアルバムと似たようなデジャブ感。また、アレンジと言っても原曲を担当した明石昌夫や葉山たけし、池田大介のオリジナルフレーズをそのまま流用、音色をエレクトロ寄りに変更した+α程度であり、これはトリビュート、カバーというよりコピーじゃないか、と思ってしまう要素が端々に感じられてしまいました。

 ボーカル担当の神野友亜は清涼感のある歌声なのですが、終始ダブルボーカルみたいなエディットを施されているのか、どこか感情の乗り切らない無機質なイメージ(同じビーイング系で例えるなら小松未歩みたいな感じ)に仕上がっているのは意図的なものなのでしょうか。坂井泉水もそんなに感情をグッと込めて歌うタイプではありませんでしたが、それでも両者の間の表現方法にかなりの隔たりを感じてしまったのが正直なところ。

 ZARDの楽曲ではあるものの、「従来のZARD像」という先入観があればあるほど違和感を感じる今回のトリビュート作品。ただ、「負けないで」ぐらいは知ってるけど、ZARDについて詳しく知らない、拘りは特にない、という若い世代が先入観なしで聴いてみるには代表曲が揃っているし興味が沸けば手に取ってもらうのもいいかも。筆者ぐらいのビーイングブームど真ん中世代になるとどうにも…という感じでした。最後にあと一つ、「少女の頃に戻ったみたいに」のピアノの印象的なイントロフレーズをエレクトロどころかスーパーファミコンの初期のサウンドみたいな音で鳴らすのはやめて欲しかった、と、これだけは主張させてください(苦笑)。

2020年01月12日 22:01

kan02 1990年末から1991年春にかけて「愛は勝つ」が大ヒットを記録、一躍知名度を大幅に上げたKAN。その後「プロポーズ」「KANのChristmas Song」「まゆみ」等の代表曲をリリースしながらポリドールには1995年まで在籍。今回の「Artist Archive」では、ポリドール後期に彼がリリースした全オリジナルアルバムを1枚ずつレビュー。「続きを読む」からご閲覧ください。

※前編はこちら


続きを読む

2020年01月05日 20:05

 新年明けましておめでとうございます。
 遂に21世紀も20年代に突入、本ブログも12年目に突入いたしました。

 年末年始は近年と同じく実家に帰省し、紅白歌合戦を見ながら年越しパターンでした。
 今年(去年ですが一応)の紅白で気になったのは「歌唱パートよりも企画コーナーが目立つ」「コント部分は前年からの引き続きパターンが多い」「録画を流すシーンが目についた」そして、「過去曲を歌う(あるいは過去曲+新曲)出演者が多かった」といった辺り。特に最後の一つは大いに気になりました。

 この年が特殊だったのか、これが令和の紅白の新しい形なのか…。答えは今年末の紅白で、といったところでしょうか。

 現在は数日前に帰京、明日から通常業務です。
 では皆様、2020年もどうぞよろしくお願いいたします。

 管理人 SASA 拝

 

2019年12月31日 11:05

 2019年も本ブログにご来訪いただき、ありがとうございました。

 今年の「聴いた音楽」振り返ると、普段から聴いている各アーティストのセルフカバー企画が多かったなぁ…と思える一年でした。「CD Review」にも如実にそれが表れているような。
 それに押されて(?)「純粋なオリジナルアルバム」って今年あまり聴かなかった気も…。
 昨年に引き続き年間ランクの発表は控えますが、今年発売の中で一番聴いた、というCDはこちら。セルフカバーの中ではこちらが秀逸な出来だったと思います。

 音楽関係のニュースとしては、やはりASKAのチャゲアス脱退(しかもデビュー40周年の記念日に発表)が衝撃的でしたね…。
 周年といえば、TM NETWORKも今年はデビュー35周年だったのですが、メンバー三人で稼働することがなかった代わりに、Blu-rayライブBOXが発売されたり、終了ライブ完全版の上映会に木根さんが登壇したり、ウツがソロ名義でTM曲を歌いまくるライブツアーを開催したりと、ファン心理に配慮した活動をしてくれた辺りは嬉しかったです。特にウツのツアーは追加公演も決まったので、チケットが取れれば行きたいものです。
 あとはWANDSのまさかの復活。これには意表を突かれました。復活記念で過去作のリマスターBOXでも出てくれれば…と思っているのですが、今のところそのような動きはないようで。

 CDレンタル環境ですが、昨年から引き続きTSUTAYAの閉店が相次ぎ、少し足を伸ばし、それこそ気合を入れて(笑)借りに行かなければならない状況は相変わらずです。大型店舗のTSUTAYAが電車でギリギリ行ける距離、というのがまだ救いといったところ。
 購入は形態によっては配信にも手を出していますが、サブスクは今のところは…という感じ。ただフィジカルメディアじゃなきゃ絶対嫌、というわけでもないので、その辺りは柔軟に対応していければ、と思います。

 あとこれは音楽とは関係ない事ですが、ライブドアブログのHTTPS化がようやく来年の春あたりに敢行されるそうです。
 以前どこかのブラウザから本ブログを閲覧しようとしたら非HTTPSだからか「危険なサイトです」扱いをされて弾かれた苦い経験がありますので、早期のHTTPS化完了を願っております。

 例年よりも長いご挨拶になりましたが(笑)改めまして本年一年お付き合いいただきありがとうございました。
 それでは皆様、良いお年を。

 管理人 SASA 拝
 

2019年12月22日 12:06

deenballadsinlove 2019年11月6日発売、全曲新録音によるDEENのラブソングベストアルバム。全11曲収録。初回生産限定盤はゲスト奏者を招いたインストゥルメンタルディスク付きのCD2枚組。通常盤、ファンクラブ限定盤には本編CDに今年夏のビルボードライブでのライブ音源をそれぞれ1曲ずつ収録したボーナストラック入り。本レビューは初回生産限定盤となります。

 本作発売発表時に特設サイトが設けられ、これまでのDEENの全レパートリーを対象にファンからのリクエストを募集。そのリクエスト上位10曲が本作の収録曲(+イントロダクションとして「MY LOVE」のインスト)。順位は明言はされませんでしたが、先日まで行われていたライブツアーでのMCの際に曲によっては順位が明かされた曲もあったと記憶しています。てっきりもっとライブ定番の代表曲が入ってくると思いきや、デビュー曲「このまま君だけを奪い去りたい」をはじめ90年代の曲が5曲、それ以降の曲は5曲(最新は2013年の「もう泣かないで」)と各時代からバランス良く票が入り、もはやDEENの十八番とも思えるセルフカバー企画ですが、半数以上の曲が初セルフカバーという結果になりました。

 今回の編成はギタリストが脱退したことで浮かび上がったアイデアなのか、Vocal+Piano+Stringsというコンセプト。本作の編曲をほぼ全て担当しているのは現サポートギター(といってもギターの音はコンセプト上一切不使用)の侑音。これまでギターが担っていた演奏の土台部分を山根公路のピアノで支え、その上に原曲のリフや新たなフレーズをストリングスで華やかに奏でるという編成で、これまでのギターありきでの編成でのセルフカバーに比べるとここに来て新鮮。どの曲も原曲から大幅にかけ離れたことはしておらず安心して聴ける王道仕様。そして池森秀一はオリジナルキーのままで全曲を歌唱。去年から何度も書いているような気がしますが(苦笑)長期に渡るキー下げ時代を聴き続けてきただけに、原キー+現在の歌声とテクニックで、過去の名曲を新たに歌い直す日が来るとは…!と、長年ファンを続けている身からは大変感慨深いものがある、と書くのは大げさでしょうか。ライトなファンにも違和感なく聴ける仕上がりになっていると思います。欲を言えば新曲が1曲ぐらい聴きたかったところぐらいですかね。

 特典ディスクはこれまでライブやレコーディングなどでDEENと縁のあるミュージシャンを演奏に招いた「Premium Instrumental Album」。本編CDの冒頭インストを除く全楽曲を収録順に並べた全10曲。ビーイング時代からレコーディングに参加していた勝田一樹(Sax)や、ストリングスチームで本編にも参加している下川美帆(Violin)、最近の関係者の中ではダイスケ(AG)、意外なところでは東京パフォーマンスドールの浜崎香帆(Pf)などの7名が参加。基本的には本編ディスクのアレンジそのまま、池森ボーカル部分、即ちメロディーをそれぞれの担当楽器で奏でており、特に気を衒ったところもないので、例えるなら「メーカーが出しそうな内容のインストアルバムをメンバー監修でリリース」といったところで、通常盤+1,500円の内容に値するかどうかは…というのが正直な感想。どうせなら通常/ファンクラブ限定盤収録のビルボードライブをもったいぶらずに完全収録したディスクを付けてくれた方が…とか思ったりして。

 2001年のバラードベスト「Ballads in Blue」とタイトル、初回・通常盤のパッケージや文字レイアウトなどを踏襲した姉妹作的な本作、色々書きましたが本編ディスクは予想よりも好印象。DEENの数々のセルフカバーの中でも上位に食い込むクオリティの良盤でした。

2019年12月14日 13:49

gundam40 2019年4月3日発売、今年で40周年を迎える「ガンダムシリーズ」の各主題歌を中心に構成されたノンストップミックスアルバム。演奏時間約68分、全40曲収録。

 1979年4月に富野喜幸総監督のもとで放映がスタートした「機動戦士ガンダム」。日本のアニメブームを牽引し、続編TVシリーズや劇場版、OVA、果てはSDガンダムまでと、富野監督の手を離れてまで現在まで続き、鉄板のブランドアニメコンテンツとして成り立っているガンダムシリーズ。本作は過去にも週刊少年ジャンプ原作のアニメの主題歌ミックスCDも手掛けたDJシーザーによる選曲で40周年なだけに40曲をミックス。発売元はSONY系列からですが、キングレコード、ビクター、avexなど、各シリーズのサウンドトラックを担当したレコード会社からの協力も得てオリジナル音源での構成が実現しています。

 選曲は20を超えるシリーズタイトルの中から、基本的にオープニングテーマの1コーラス分を最低でも1曲はチョイス(総集編等の非新作系タイトルは除く。一部エンディングテーマも有)。収録順は1曲目こそ「機動戦士ガンダム」のオープニング「翔べ!ガンダム」ですが、その後は色々な年代を行ったりきたりと法則性はなく完全にランダムで、次に何が飛び出してくるかは分からない楽しさがあります。今回のミックスにあたっては新しい音を付け加えたりは特にしていないようですが、元々勢いのある(=同じテンポぐらいの曲が多い)オープニングテーマが圧倒的な数なので、曲と曲の間の繋ぎも比較的自然に聴ける印象。クロスフェードもあまり使わず、例えばアップテンポ→バラードの並びでもアップテンポの曲をきっちり終わらせてからバラードのイントロを流し始めるなど、不自然さを無くすための工夫がなされているのには感心。一聴した感じでは「ガンダムSEED」系の曲が何か多いな…とは思いました(5曲+挿入歌で計6曲)が、半年間同じオープニングを流し続ける20世紀作品とは違って、1クール3ヶ月で主題歌が変わる、という事情(2年で8曲)を考えるとこんなものでしょうか。

 10年前の30周年の時に、各シリーズの主題歌+挿入歌を網羅した高額CD-BOXが発売されているのに比べると今回は控えめ(?)な記念作品ではありますが、半ばで突然出てくるボイス演出(?)も含め、歴代主題歌の美味しい部分を気軽に楽しむには最適。なお、つい先日この作品の第二弾が発売になったとか。今度はエンディングテーマも数多く採用されるなど、本作に比べてマニアック色が濃い目になっている模様です(ジャケットも…笑)。

2019年12月08日 13:19

bznewlove 2019年5月29日発売、B'z通算21作目のオリジナルアルバム。全13曲収録。発売形態はCDのみの通常盤、CD+Tシャツ付きの初回生産限定盤、アナログレコード盤の3種(収録曲は同一)。

 本作はB'z史上初、オリジナルアルバムでシングルが1曲も収録されない作品。といっても収録曲中、昨年秋のドラマ主題歌だった「WOLF」、特にラグビーW杯中にテレビで大量にオンエアされた「兵、走る」を筆頭に「マジェスティック」「デウス」といったCMソングの計4曲がここで初音源化されたので、これらが一応シングル扱いになるのかもしれませんが。そんなタイアップ曲を序盤に配し、中盤以降は全て新曲という構成になっています。また、「Rain & Dream」ではゲストギタリストとしてAerosmithのJoe Perryが参加。彼らの楽曲で松本以外のギタリストが参加するのもB'z史上初…のはずです。

 アレンジは前作でほとんどの楽曲を担当したYukihide "YT" Takiyamaが初の全曲担当。前任(?)の寺地秀行(今回はストリングスアレンジとして「Da La Da Da」にクレジット)と比べると、曲自体のハードロック色はそのままにデジタル音を廃し、パーカッションやブラス等のテイストを効果的に盛り込む印象でこれは前作同様。本作では長年のレコーディング&ライブメンバーだったリズム隊を刷新するなどの試みがされていますが、それでもざっと聴いた感じでは受けるイメージはあまり変わらず。

 むしろ気になったのはメロディーの方で、今回は意図的にか?というぐらい、B'zの特徴だったキャッチーなメロディーは全編に渡って出てこない、出てきても「あれ?これってB'zの昔の曲であったような…」というフレーズだったり(まあ作曲者が同じだからでしょうが)と、前半に「兵〜」のようなアレンジで耳を惹く曲がある分、その後の曲は画一感が…。聴き終わって一番印象に残ったのが前述の「Rain〜」での後半のギタリスト同士の長尺の掛け合いだったりしたわけで、激しい曲もバラードもあるし地味というわけでは決してなく、良くも悪くも安定の一作、という感じでしたが、筆者が求めるB'z的なものとはちょっと違ったかな、というのが正直なところでした。

2019年12月01日 23:23

 珍しく二週続けてのライブレポート。
 DEENのライブツアー「NEWJOURNEY TOUR」の追加公演、東京2公演のうちの2nd Stage(つまりファイナル公演)に行ってきました。「続きを読む」からご閲覧ください。続きを読む

2019年11月24日 15:10

 昨日、今年最初で最後のKANのライブに参戦。お台場Zepp DiverCityでの公演をレポートいたします。
 ツアー中ですがネタバレ全開です。「続きを読む」からご閲覧ください。続きを読む

2019年11月17日 12:19

hirosetop 1993年12月リリースのシングル「ロマンスの神様」がアルペンのCMソングに起用されミリオンセールスを記録。以降90年代末まで毎年冬になるとヒットを飛ばし、いつしか「冬の女王」と呼ばれるようになった広瀬香美。今月末には来年初頭に開催のセットリスト順にオリジナル音源を並べた新たなベストアルバムも発売されるとのことです。
 今回の「CD Review Extra」では、冬に向かうこれからの季節に合わせて(?)彼女のこれまでに発売してきたベストアルバムを1枚ずつレビュー。「続きを読む」からご閲覧ください。続きを読む

記事検索
Recent Comments
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Archives
Profile

SASA

  • ライブドアブログ