2020年03月29日 12:25

tmgfft SONYのTM35周年ベストアルバム特設ページにて、宇都宮隆を迎えたWEB RADIO「Gift from Fanks 1983-1994」「Gift from Fanks 1999-2015」が公開されています。こういったプロモーションコンテンツにウツが出演するのは結構レアなのでは。なお4月24日いっぱいまでの公開ですので聴きたい方は忘れずにどうぞ。前置きが若干長くなりましたが、本題のベストアルバム全曲紹介、今回は「T」盤のDISC 2の全12曲を1曲ずつレビュー。「続きを読む」からご閲覧ください。続きを読む

2020年03月21日 22:34

makiharabestlisten 2019年10月23日発売、槇原敬之のカバーアルバム「Listen To The Music」シリーズの総集編的ベストアルバム。全15曲収録。CDのみの通常盤、収録曲のMV入りDVDを同梱した初回限定盤共々SHM-CD仕様。さらに同年12月4日は2枚組のアナログレコード盤でもリリース。収録曲は全形態同一。本レビューは通常盤のレビューとなります。

 SONY時代の1998年に「1」、東芝EMI時代の2005年に「2」、そして自主レーベルBuppu Labelから2013年にリリースされた「3」、これらの楽曲を対象にセレクトされた12曲に、オリジナルアルバムの初回盤にのみ収録されていた「WHAT A WONDERFUL WORLD」(ルイ・アームストロング)、そして新録曲として「若者のすべて」(フジファブリック)、「聞き間違い」(YUKI)の2曲を収録。曲順は基本的にほぼリリース時系列順に並んでおり、「1」と「3」の両方でセルフカバーされた「Rain」(大江千里)は「3」のバージョンが選ばれています。なお、発売元は現在旧東芝EMIを傘下に加えたユニバーサルミュージックが担当。また、ベスト盤にも関わらず歌詞ブックレットには各楽曲ごとの担当楽器等やミキサーの名前が記してあり、懐かしい名前もチラホラと散見されています。

 既にソングライターとしての地位を獲得していた時期にアレンジやボーカリストとしてのアプローチを試みた「1」、事件後に提唱される「ライフソング」的な思想要素を核にしたと思われる「2」、自身のリスペクトアーティストの曲を楽しく歌っているかのような「3」と、ナンバリング毎に根底のコンセプトが異なるこのシリーズですが、今回はシンプルにこれまでの作品の中から各アーティストの代表曲を1曲ずつ厳選した名曲カバー選集といった趣。どれも一般的に耳馴染のある曲ばかりなので、これまでのシリーズを体感してこなかったライトな層にも手軽に取れるのは好ポイント、と思う一方で、ボーカリストとしては「ヨイトマケの唄」(美輪明宏)や「時代」(中島みゆき)など、オリジナルの歌い手の情念と比べるとどうしても軽いと感じてしまうカバーもあるのが正直なところ。ただ、これは表現力というよりも声質の個性の違いであり、「traveling」(宇多田ヒカル)、「MAGIC TOUCH」(山下達郎)などに関しては軽快なアレンジと相俟ってその声がハマっていると思いますし、特に新録カバーの「若者のすべて 〜Makihara Band Session〜」は楽曲・声質・バンド演奏が上手く噛み合った名カバーで、本アルバムでの一番の聴きどころではないかと思いました。

 このアルバムを皮切りに、デビュー30周年に向けての提供曲セルフカバーアルバム発売やベストアルバム等の企画が動き出した矢先の2020年2月、皆様ご存知の通り、覚醒剤所持の容疑で二度目の逮捕となってしまった彼。個人的には前回1999年の逮捕が「クリーンなイメージの槇原敬之がまさかの…」ということでかなりショックが尾を引いた経験があり(直後の日本武道館のライブに行く予定でした)、それに比べれば今回はショックは少ないのですが、これから盛り上がるはずだったデビュー30周年にかなりのミソを付けてしまった、という点ではとても残念です。

2020年03月15日 16:59

tmgfft TM NETWORKデビュー35周年記念企画として、2019年10月から年末にかけて旧所属レコード会社のSONYの公式サイトにて「新時代・次世代に向けたTM NETWORKソングのファン投票」がレーベルの垣根を越えた(ほぼ)全曲を対象に行われ、投票結果上位70曲をそれぞれ3枚組のCDに振り分けたベストアルバム「Gift from Fanks T」「Gift from Fanks M」が2020年3月18日に同時リリース。2012年の3枚組「ORIGINAL SINGLES 1984-1999」に匹敵する重量級ベスト(×2)となる本作品、今回の「CD Review Extra」では、「T」盤、「M」盤を1曲ずつレビューする本ブログ始まって以来の重量級レビュー(?)に挑戦。第1回目の今回は「T」盤のDISC 1の全11曲をレビュー。「続きを読む」からご閲覧ください。続きを読む

2020年03月08日 14:03

KANPOPMUSIC 2020年2月26日発売、KANの通算35枚目となるニューシングル。表題曲・カップリング曲と各曲のカラオケバージョンの全4曲収録のCD+KAN本人が全編ダンスを踊るMVを収録したDVDの一種発売で、CD単独発売は無し。同時に各配信サイトでの販売もスタート。本エントリーは配信購入での2曲のレビューとなります。

 オリジナルアルバムや弾き語りライブアルバム、セルフカバーアルバムを挟んでちょうど5年振りのシングルとなるタイトル曲「ポップミュージック」は、既に昨年秋のライブツアーで未発表の新曲として演奏された3曲のうちの1曲。ツアーでは完全生演奏のバンドバージョンでしたが、CDバージョンではバンド風打ち込み+ストリングスという仕様で録音されており、マニア向けに冒頭サビ部分のパート割りの試聴ページが公開されています。ディスコ風の曲調、キャッチーなメロディーに「ポップってどんな意味?」と問いかける歌詞が何ともユニークで、まあ最近のKANらしい歌詞ではあると言いますか、何言ってんだコレ?という歌唱ブロックもあるものの(苦笑)、最終的には楽しく盛り上がれればOKみたいな、そんなナンバーといったところ。

 カップリングは「KANのChristmas Song(弦楽四重奏とともに)」。1992年末にリリースの楽曲を、近年定番の弦楽アレンジでセルフカバー。原曲は完全なアカペラ合唱曲だったのですが、今回はアカペラコーラス部分をストリングスが担当し、KANが単独でメロディーのみを歌唱。楽曲自体は短いながらも盤石というか予想通りの仕上がり。ただ、2月末の発売でクリスマスソングをチョイスしたというのが謎。昨年末リリースを目指していたけど間に合わずにずれ込んだ…という可能性もKANにとっては普通にありそうな気が(苦笑)。

 なお、フィジカルメディアに付属のDVDに収録されたMVのショートバージョンはこちら。90年代はライブで踊る用の楽曲を作ったりするなど精力的(?)に踊っていた彼の久々のダンス披露映像。まあさすがにあの頃と比べると…というのは失礼ながらありますが、せっかくだから次のライブでこの曲を演奏する時はステージでガッツリ踊る姿を見てみたいものです。

2020年02月29日 17:49

magokorotorantan 2019年9月4日発売、真心ブラザーズ初のセルフカバーアルバム。全12曲収録。CDのみの通常盤、CD+MV他を収録のDVD付きの初回限定盤、CD+ドキュメントDVD+Tシャツをセットにした特別生産限定盤の3種販売(CDの内容は同一)。本レビューで扱うのは通常盤となります。

 デビュー30周年の企画として、公式サイトでこれまで彼らが発表してきた全268曲を対象とした「真心全曲総選挙」が行われ、投票結果のTOP10楽曲、加えてボーナストラックとして代表曲「どか〜ん」もセルフカバー、さらに新曲「はなうた」を収録。セルフカバーにあたっては近年演奏を共にするLow Down Roulettesを中心に、東京スカパラダイスオーケストラ、奥田民生、サンボマスターなど、彼らと縁のある面々がフィーチャリングアーティストとして招かれ、それぞれの個性で真心30周年を彩っています。

 今回の選曲の中で一番古いのはデビューシングルの「うみ」(とそのc/wの「恋する二人の浮き沈み」)、一番新しいのは活動休止前の2001年のシングル「この愛は始まってもいない」。2005年の活動再開の後の曲は一切選ばれない投票結果に。これは昔の曲ほどセルフカバーで聴いてみたいというファン心理なのかも。更にこれまでに数点リリースされてきたベストアルバムに収録されているような曲は全体の半分程度。シングル曲がチラホラと入りつつも、「拝啓、ジョン・レノン」や「サマーヌード」などの名刺代わりの楽曲は選ばれず、全体的にコアなファン寄りのラインナップ。それだけ熱心なファンが多数投票に参加したのかもしれませんが、ライト層への敷居はかなり高めで、セルフカバー=一般的なベスト選曲的な要素はあまり感じられないのが正直なところ。

 とは言え、過去の彼らの楽曲を現在の彼ら+ゲストの感性によって再構築された演奏は素晴らしいの一言。スカパラ参加の「愛」ではゴージャスに、奥田民生がドラムとアコギのみならずボーカルでも参加した「素晴らしきこの世界」では熱いスリーピースロックを、古くから彼らを支える真心バンド・MB'sを迎えた「JUMP」のバンド感など、原曲よりもパワーアップしたナンバーが目白押し。極めつけはデビュー曲の「うみ」。この曲はメンバー二人のみの演奏で、その点では原曲と一緒なのですが、演奏、ボーカル共に「30年経過した良い意味での枯れ方」が良く分かるセルフカバーになっていました。ちなみに個人的なベストトラックはより一層の暖かみ(寂しい曲なんですが・笑)が増した「この愛は始まってもいない」

 歌詞ブックレットの中には、1曲1頁構成でYO-KING、桜井秀俊が座談会的に楽曲の当時の制作裏話、セルフカバーにあたってのコラボ相手の選出経緯などを語っている読み応えのあるライナーノーツが掲載。これも含めて「これまで真心を応援してくれたファンへの贈り物」的な要素が濃い目の作品。彼らの昔の楽曲にあまり詳しくないリスナーへは、既発のベスト盤を聴いて気に入った曲がこちらにも収録されていたら是非どうぞ、という感じでしょうか。

2020年02月23日 21:40

fov 前身バンドのviewでのシングルリリース2枚を経て、浅岡雄也(Vo)、小田孝(G)、小橋琢人(Dr)、安部潤(Key)の4人で1995年5月15日、シングル「君がいたから」で再デビューを果たしたFIELD OF VIEW。翌年の安部脱退後は新津健二(Ba)が加入、2001年にthe FIELD OF VIEWと改名するも2002年末のライブをもってバンドは解散。長らく時は流れてデビューから25年目直前の2020年5月13日、未発表テイクや未発表の新曲を盛り込んだCD2枚組+DVDの新たなベストアルバムをリリースすることが決定。今回の「CD Review Extra」ではベスト盤発売記念と称し、これまで彼らがリリースしてきたベストアルバム全6作(台湾限定盤除く)を一挙レビュー。「続きを読む」からご閲覧ください。続きを読む

2020年02月16日 12:58

deensobani 2020年1月29日、iTunes他、各音楽配信サイトにてリリースされた、DEEN通算4作目のデジタルシングル。

 同年1月10日に公式サイトでリリース決定の告知がされ、発売日は月末開催のライブツアーの初日に設定。実際に現在開催中のライブでも毎回演奏されているようです。オリジナルの新曲としては昨年3月のアルバム以来久々。作詞は池森秀一、作曲は山根公路のメンバー作で、編曲は近年ライブでのギターサポートやセルフカバーバラードベストのアレンジを手掛ける侑音が担当。彼のインスタによるとギターの他プログラミング(リズム隊が打ち込みっぽいので多分その辺りも)にも参加しているとのこと。

 曲調はイントロのエレキギターのリフを曲中に終始持ち込んだマイナー調のロックナンバー。テンポはDEENの作品の中ではかなり速くスピード感に溢れ、熱いギターソロバトル(ライブでは山根と侑音のソロ合戦だった記憶)が繰り広げられたり、ラストで拳を突き上げてしまいそうな楽曲構成の一方、メロディーはどこか影が漂う歌謡曲っぽい雰囲気なのですが、「君のそ〜ばでそ〜ばで♪」を繰り返すサビ、(一応)ラブソングの体裁を取りながらも、蕎麦好きが高じて出版物まで出してしまった池森の蕎麦への365日の熱い思い(笑)を綴った歌詞がとにかく強烈。まあ愛を捧げる対象が蕎麦であるならばそれも広い意味でのラブソングということで、今までのDEENになかった作風であることはまず間違いありません。

 配信後にネタに走ったショートMVも作ってしまうなど、現在の池森のキャラクター性を上手く活用した戦略は賛否あるところでしょうが、個人的には楽しめた作品でした。ただこの曲、将来的にアルバム等に収録される際はボーナストラック扱いとかになりそうですよね…(苦笑)。

2020年02月08日 16:49

beginlive2 2019年11月20日発売、BEGINのライブ音源コンピレーションアルバム第2弾。CD2枚組全28曲収録。

 2008年に「シングル大全集」の兄弟盤として、デビューからの歴代のライブ音源を詰め合わせた前作(以下「1」)から11年、本作は基本的に「1」以降の各ライブ、直近では2019年8月のビルボードライブまでの音源からの選曲。今回は明確にコンセプトが掲げられており、今や彼らの代名詞である「島唄」、デビュー当時から地道に紡がれてきた「ブルース」、そして近年のライブで提唱する「マルシャショーラ」の3つのテーマで選曲されている、という触れ込みになっています。なお、ライブ写真がコラージュされたジャケット写真は「シングル大全集」に倣ったイラストジャケットの「1」とは対照的。1曲ずつ座談会形式でメンバーが語る楽曲解説も今回は歌詞ブックレットには掲載されていません。

 DISC-1は「島唄」をテーマにした全11曲。「島人ぬ宝」を筆頭に、BEGINのパブリックイメージに沿った代表曲がズラリと並んでおり、本作より一ヶ月先にリリースされたスタジオ音源ベストのライブ盤的な趣。ただ「1」にも収録された楽曲が多いことを考慮してか、1コーラスがウチナーグチ、2コーラスがヤマトゥグチで歌唱される「涙そうそう」、2015年のブラジル公演からピックアップされ、現地の言葉で盛り上がる「オジー自慢のオリオンビール」など、バージョン違いが結構あるのが特徴でしょうか。個人的には想像していたよりもライブ映えのする「風よ」や、琉球太鼓を一大フィーチャリングした「かりゆしの夜」などが特に印象に残りました。

 DISC-2は「ブルース」「マルシャショーラ」関連楽曲を1枚に収めた全17曲。看板楽曲はDISC-1に集中しており、近年の作品ではアルバム楽曲としてひっそりと(?)収められているブルース調ナンバーが次々と登場するわけですが、選曲はかなりマニアック。かつデビュー初期の「心ゆくまでBlues」やら「AM3:00」やらがまさかの選出で、収録曲リストを見た時はかなり驚きました(笑)。またもう一つのテーマである「マルシャショーラ」ですが、実際はマルシャバージョンで収録されている曲は「笑顔のまんま」他数曲で思っていたより少なく、「今宵BYGで」「国道508号線」のようなノリの良い曲まで含めての範囲の選曲だったのかも。これには若干コンセプトとは齟齬がある気がしますが、まあマルシャアレンジは結構画一的なものが多いので、数曲に留めて正解だったのかもしれませんが。そんなモヤモヤの中(?)、ラストにシンフォニックなバージョンで収録されたデビュー曲「恋しくて」は出色でした。

 DISC-1が鉄板選曲、DISC-2がマニアック選曲というのは「1」を踏襲している気もしますが、前述の通り楽曲解説などがなく、どういう経緯でこういったアレンジで演奏された、との副読本的なモノも欲しかったという意味では、「1」に比べるとちょっと物足りなさはあります。ただ、両ディスクを通じて「BEGINのライブの楽しさ」を音だけとはいえ体験できるという点では前作同様、良盤だと思います。

2020年01月31日 22:57

 1月29、30日のZepp Tokyo公演2daysを皮切りに、2月末まで仙台、名古屋、大阪、福岡の各都市を回るDEENのバンドライブツアー、LIVE JOY-Break22。
 先日開催された東京2日目に参加してきました。
 ネタバレ全開です。「続きを読む」からどうぞ。続きを読む

2020年01月25日 16:47

 以前のエントリーでも書いた通り、昨年10月〜12月末までの期間限定でSONYのTM NETWORK公式ページにて、「新時代・次世代に向けたTM NETWORKソングのファン投票」が行われ、先日その結果であるTOP100が発表されました。

 結果はこちら

 TOP5のみ引用すると、

5位:HUMAN SYSTEM(1987年5thアルバム「humansystem」)
4位:BEYOND THE TIME(1988年13thシングル)
3位:Get Wild(1987年10thシングル)
2位:Self Control(1987年9thシングル)
1位:STILL LOVE HER(1988年6thアルバム「CAROL」) 

 ということで。
 「Get Wild」は以前デビュー20周年の時のファン投票でも2位だったので、1位じゃなくてもTOP3周辺かな、と思っていましたが予想通りに。
 TOP5はTMの人気爆発期の87〜88年の曲で占められ、35周年時点での1位は代表曲の「Get〜」でもなく、ブレイク曲の「Self Control」でもなく、「STILL LOVE HER」という結果でした。この1位という結果、現在稼働していない(できない)TMへのファンからのメッセージのような気も。

 ちなみに筆者が投票した10曲は以下の通り。
 発表年代順に並べたものに今回の最終順位を付けてみました。

「Time Passed Me By」(1987年):22位
「Children of the New Century」(1987年):18位
「Winter Comes Around」(1988年):31位
「FOOL ON THE PLANET (WHERE ARE YOU NOW)」(1989年):53位 ※原曲は10位
「THE POINT OF LOVERS' NIGHT」(1990年):13位
「LOOKING AT YOU」(1990年):圏外
「Jean Was Lonely」(1991年):60位
「大地の物語」(1991年):47位
「Alive」(2014年):37位
「Just Like Paradise 2015」(2015年):圏外 ※原曲は98位

 以上。「FOOL〜」にも言えることですが、リミックス曲がかなり多いTMの場合、1曲でもバージョン毎に票が割れる(「KISS YOU」とか)んですね。まあその最たるものが「Get Wild」なのですが、それでもオリジナルバージョンだけの票で3位に食い込んだのはさすがの人気というべきでしょう(他バージョンで20位、55位にもランクイン)。

 さらに3月18日には、今回の投票結果の上位70曲を「T」盤「M」盤に振り分けた各3枚組CD「Gift from Fanks」がリリースされることが決定。
 再始動後のrojam時代のシングルバージョン、ライブ会場限定販売だった「Green days 2013」がアルバム初収録されるというトピックもありますが、基本的には既発音源の詰め合わせなので、この記事にある「ボーナストラックの追加」にも期待したいところです(笑)。

【2020.2/8追記】上記リンク先にて各盤の収録曲が正式に発表され、ボーナストラックの情報も追加記載。「T盤」には最初期の楽曲「グリニッジの光を離れて」の初音源化、「M盤」には「Get Wild'89」の7インチバージョンがそれぞれ収録とのこと。「Get〜」はともかく(苦笑)、「グリニッジ〜」は興味大です。

記事検索
Recent Comments
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Archives
Profile

SASA

  • ライブドアブログ