一進一退days -J-POP Archives-

since:2008/1/2 J-POPの今昔レビューを中心としたブログです。

一進一退days -J-POP Archives- イメージ画像

更新情報

 2023年12月6日配信開始、TM NETWORKのデジタルシングル。  本作は2023年9月8日に公開されたアニメ映画「劇場版シティーハンター 天使の涙(エンジェルダスト)」用に書き下ろされた新曲。公開直前にフィジカルリリースされた映画のオープニングテーマとは異なり、この曲
『Digital Single Review:TM NETWORK「Angie」』の画像

 今年もどうぞよろしくお願いいたします。  2023年大晦日は実家にて、家族の要望にて第九とWBC振り返りスペシャルを観ながら過ごしました…ということで、人生で初めて?紅白を観ずに年越しを迎えました。  明けた2024年は元日早々に北陸での大地震が発生。さらに連日の

 2023年もあと数時間ということで、今年の個人的な音楽的出来事をざっくりと振り返ってみました。 ・DEENデビュー30周年の武道館公演(関連記事)  25周年時の三人体制での最後の武道館から5年、体制が変わり、コロナ禍でのツアー延期や公演時間の見直し等、内外的に様々

 2023年最後となるCDレビューは「今週の1枚」としまして、先月逝去したシンガーソングライター・KANが本名である「木村和」名義でリリースした唯一の作品「何の変哲もないLove Songs」を、追悼の意味も込めましてご紹介いたします。  1987年のデビューより長らく在籍した
『今週の1枚(87)「何の変哲もないLove Songs/木村和」』の画像

 12月も中盤を過ぎ、時節柄多くのクリスマスをテーマにした楽曲を耳にする機会も多くなってきた今日この頃。そんな数多くのクリスマスソングのひとつ、1990年にリリースされヒットを飛ばし、現在もクリスマスの定番曲として親しまれている、辛島美登里の「サイレント・イヴ
『CD Review Extra:辛島美登里「サイレント・イヴ」STUDIO REC Ver.全曲レビュー』の画像

 2023年9月15日発売、海外アーティストのテレビ・ラジオオンエア用に収録されたライブアーカイブを商品化しているIAC MUSIC JAPANよりリリースされた「HI HAT」シリーズの一作、チック・コリアのトリオ編成によるライブアルバム。CD2枚組全9曲収録。  チック・コリアはア
『CD Review:CHICK COREA TRIO「KONGSBERG JAZZ FESTIVAL NORWAY 1989」』の画像

 2023年7月5日発売、「20th Anniversary BEST」と銘打たれたスキマスイッチのベストアルバム。CD3枚組全45曲の通常盤、加えて2022年12月に行われた日本武道館でのライブを収録したBlu-ray付属の三方背スリーブケース仕様の初回限定盤、さらに2023年5月のZepp Hanedaにて開催
『CD Review:スキマスイッチ「POPMAN'S WORLD -Second-」』の画像

 シンガーソングライターのKANさんが、去る2023年11月12日逝去された(享年61)とのご報告が、昨日公式サイトにて発表されました。  筆者とKANさんの音楽との出会いは1990年春、FMラジオで流れていた当時最新シングルの「健全 安全 好青年」。  このユニークな楽曲で彼の

 今週頭、本ブログのユニークアクセスが170,000hitsを突破いたしました。  開設15年目の本ブログですが、基本的に週一更新になってからは約10年を超え、筆者の完全な日常のルーティンの一部となっており、あまり変わり映えのない生活の中の張りの部分として長らく機能して
『170,000hits御礼+レアCD(?)発見記』の画像

 2023年8月30日発売、WANDS通算7枚目(第5期としては2作目)となるオリジナルアルバム。収録シングルのMV集Blu-ray付属の初回限定盤A、40頁のフォトブックレット付属の初回限定盤B、ボーナストラック1曲収録の通常盤の全3形態での販売。初回限定盤(A・B共通)と通常盤でそ
『CD Review:WANDS「Version 5.0」』の画像

↑このページのトップヘ