一進一退days -J-POP Archives-

since:2008/1/2 J-POPの今昔レビューを中心としたブログです。

一進一退days -J-POP Archives- イメージ画像

更新情報

 森友嵐士(Vo)、五味孝氏(G)、上野博文(Ba)、青木和義(Dr)による四人組バンド、T-BOLAN。1991年7月10日にシングル「悲しみが痛いよ」でメジャーデビューを果たし、同年末の「離したくはない」がロングヒット。以降、「じれったい愛」「Bye For Now」「マリア」等、9
『CD Review Extra:デビュー30周年記念・T-BOLAN 全ベストアルバムレビュー』の画像

 2020年12月28日発売、2021年1月をもってマネージメント業務を終了した石原プロモーション関連の楽曲をレーベルの枠を越えて集めたコンピレーションアルバム。CD2枚組全38曲をリマスター収録。加えて特別限定盤にはボーナストラック1曲、石原裕次郎・渡哲也の2ショット特製
『CD Review:「ありがとう!石原軍団」』の画像

 2021年6月9日発売、WANDS通算18作目(第5期としては通算3作目)となるニューシングル。初回限定盤・通常盤の2種での発売となり、それぞれに異なるカップリング曲を1曲ずつ収録。初回限定盤には表題曲のMVメイキング映像が視聴可能となるシリアルナンバーが封入。本エント
『CD Review:WANDS「カナリア鳴いた頃に」』の画像

 「機動戦士ガンダム」放送開始より40年目にあたる2019年より始まった「機動戦士ガンダム40周年プロジェクト」。その一環として、総監督を務めた富野由悠季の原作小説を劇場版三部作としてアニメ化する「機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ」の制作が発表され、当初は2020年
『CD Review Extra:「GUNDAM SINGLES HISTORY」シリーズ全3作レビュー+α』の画像

 2020年10月7日発売、SURFACE通算8作目のオリジナルアルバム。本編全12曲収録の通常盤、収録曲2曲のMVを収録したDVD付きの初回盤A、ボーナスCD付きの初回盤Bの三形態(全形態Blu-spec CD2仕様)での発売。本レビューは初回盤Bとなります。  2018年5月に復活し、翌年にオリ
『CD Review:SURFACE「PASS THE BEAT」』の画像

 2021年3月17日発売、秦基博の弾き語りベストアルバム第2弾。CD2枚組全21曲収録。初回限定盤には前年秋に配信オンリーで開催された無観客ライブの模様をフルサイズで収録したBlu-rayが付属。本レビューはCDのみの通常盤となります。  前作「evergreen」から約7年ぶりの弾
『CD Review:秦基博「evergreen2」』の画像

 2020年12月2日発売、Mr.Children通算18作目(ライブ盤やカップリング集をカウントすると通算20作目)のオリジナルアルバム。両A面シングル「Birthday」「君と重ねたモノローグ」、配信シングル「turn over?」を含む全10曲収録。CDのみの通常盤、撮り下ろしライブ映像やイン
『CD Review:Mr.Children「SOUNDTRACKS」』の画像

 2008年のブログ開設当初から13年半の歳月をかけて地味に更新してまいりました「今週の1枚」。結構なネタ切れの危機を回避しつつ(?)今回のエントリーで第80回目を迎えました。今後もスローペースで更新していきますのでどうぞご贔屓に。そんな話はさておき、今回ご紹介
『今週の1枚(80)「ELECTROMANCER/浅倉大介」』の画像

 2020年12月16日発売、音楽事務所・オフィスオーガスタの企画コンピレーションアルバム。発売前の11月下旬より順次先行配信された「愛を歌う」「2人のコンプライアンス」「Unbreakable」「KAMA KULA」を含む全9曲収録。CDのみの通常盤、加えてオーガスタアーティストによる
『CD Review:「Augusta HAND × HAND」』の画像

 2020年12月23日発売、中山美穂の歌手デビュー35周年を記念したオールタイム・ベストアルバム。CD3枚組全40曲収録。初回限定盤には既発コンサート映像作品のリマスター版を収録したBlu-rayが付属。本エントリーは通常盤となります。  1985年にアイドル歌手デビューし、間
『CD Review:中山美穂「All Time Best」』の画像

 1992年5月10日、桜井和寿(Vo&G)、田原健一(G)、中川敬輔(Ba)、鈴木英哉(Dr)の四人でTOY'S FACTORYからデビューを果たしたMr.Children。数多くのヒット曲を世に放ち、デビュー29周年を迎えた現在も日本のミュージックシーンの最前線を走り続ける彼ら。今回の「Artist
『Artist Archive:Mr.Children 1992-1994 全アルバムレビュー』の画像

↑このページのトップヘ